/ お知らせ / 

金沢美術工芸大学 柳宗理記念デザイン研究所主催のシャルロット・ペリアン展ポスター&フライヤー制作させていただきました!

ペリアン_ic

こんにちは!クリエイターズのHです。

このたび、金沢美術工芸大学 柳宗理記念デザイン研究所が主催するフランス人デザイナー、
シャルロット・ペリアン展のポスター&フライヤーをクリエイターズで制作させていただきました。

展覧会概要

 本展は柳宗理をデザインの世界へと導いたフランス人デザイナー、シャルロット・ペリアンの活動を紹介するものです。
 シャルロット・ペリアン(Charlotte Perriand 1903―1999)は、近代建築の父と言われる、ル・コルビュジェの下で、様々なモダンデザインの作品を生み出しました。1940年、ペリアンは、かつて同じくコルビュジェの事務所で研鑽を積んでいた坂倉準三の推薦により、商工省貿易局顧問として日本に招へいされました。そして、各地の工業・工芸産地の視察、指導にあたり、柳宗理が随行しました。日本各地を巡り、ペリアンは伝統的な手工芸品・建築から多大なインスピレーションを受けます。1941年にはそこからヒントを得て制作された家具、及び各地の手工芸品などを「選擇 傳統 創造」展と題して発表しました。また、彼女の日本視察に同行した柳は、ペリアンからデザイン手法として「ワークショップ」を学びました。
 本展ではペリアンの作品と日本文化との関連に重点をおきつつ、彼女のデザイン活動の概要を紹介するものです。ペリアンの来日時のノート、晩年のインタビューなど、貴重な資料によって、偉大なデザイナーの足跡を身近に感じて頂けます。

展覧会フライヤーより引用

講演会情報

「デザイナーから見たシャルロット・ペリアン」
場所:本研究所2Fレクチャールーム
日時:2015年10月18日(日) 14:00~15:30
講師:清水忠男(金沢美術工芸大学大学院専任教授)

「成型合板の家具―柳宗理そしてペリアン」
場所:本研究所2Fレクチャールーム
日時:2015年11月8日(日) 14:00~15:30
講師:菅澤光政(元天童木工開発部長)

「ペリアンにとっての日本」
場所:本研究所2Fレクチャールーム
日時:2015年11月22日(日) 14:00~15:30
講師:森仁史(金沢美術工芸大学 柳宗理記念デザイン研究所所長)

開催日時

会期:2015年10月6日(火)— 11月29日(日)
時間:09:30 — 17:00
休所日:毎週月曜日 但し 10月12、11月23日は開所
会場:柳宗理記念デザイン研究所 展示資料室2
石川県金沢市尾張町2丁目12番1号
お問い合わせ先:tel.076ー201ー8003
入場料:無料

 

ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

クリエイターズのHでした。

 / お知らせ / 

金沢を本拠地とするバスケ3×3(スリー・バイ・スリー)チーム「ZETHREE.EXE(ゼッスリー・ドット・エグゼ)」のパンフを製作しました!!

zethreeA3_Y_omote

こんにちは!クリエイターズのHです。

今回は、今年も金沢を本拠地とする新しいスタイルの3人制バスケ「3×3(スリー・バイ・スリー」のチーム、ZETHREE.EXE(ゼッスリー・ドット・エグゼ)のパンフレットをクリエイターズが製作した事と3×3バスケットボールの紹介をしたいと思います。

パンフレット

パンフレット

what’s 3×3?

国内バスケットボール統括団体である、公益財団法人日本バスケットボール協会(JBA)が正式競技として、3×3(スリー・バイ・スリー)を推進。 バスケの新たな楽しみ方として大きな可能性を秘めた新スポーツです。

バスケを「PLAY」する人も、ゲームを「WATCH」する人も、その場所にいる誰もが「ENJOY」できるエキサイティングな空間が魅力!
基本的に観戦が無料で、室内ではなくレジャースポットなどオープンなスペースで試合を行なうので誰でも気軽に観に行く事が出来ます。2015年5月30日に金沢駅西イベント広場にてプレシーズンマッチが行なわれました。

3×3とは、世界中のストリートでプレイされている3人制バスケットボール、3on3を国際バスケットボール連盟(FIBA)が正式に統一ルールを設け、バスケットボールの新種目として確立したスポーツです。間近でスピード感ある迫力のプレイが観れるのはもちろん、ミュージックやダンスパフォーマンスなどのエンターテインメントがエキサイティングな空間を作っています。
さらに、ルールがシンプルで初心者でも観戦しやすいので、バスケットボールに興味がなかった人でさえも夢中になって観戦してしまうはずです!

what’t  3×3.exe

2014年から始まった世界初の3×3のプロリーグです。
国内バスケットボール統括団体であるJBA(日本バスケットボール協会)公認であり、日本最高峰の3×3リーグです。
リーグに属する8チームの中、ZETHREE.EXEは数少ない地方都市からの参戦なのです。

今年も、シーズン終了のこの時期、パンフレット製作を手がけ9月末に納品を完了しました。

ちなみに、「イシカワからセカイへ」を標榜する地域密着型のチーム、ZETHREE.EXEは、昨シーズン総合準優勝でしたが、先日2015年9月13日、最終ラウンドが横浜で行なわれ、見事準優勝でシーズンを終了し、総合5位という結果でした。

総合5位シーズン終了

総合5位シーズン終了

来シーズンはさらなる奮闘を期待したいです。頑張って下さい!

クリエイターズのHでした。

 / 代表のつぶやき / 

自分の記銘力低下っぽいところをポジティブに少し考えてみた。

記銘力低下

こんにちは。

代表の岩下です。

さて、最近よく社員の皆様や障がいメンバーからよく言われることがあります。

「しゃちょー!本当になんでもかんでも忘れすぎ!!記銘力低下しとるんじゃないけ?!」(怒)

はい。すいません。

自分の頭の中で重要なことと、さほど重要ではないことをいつのまにか勝手に取捨選択をしてしまっているようで、皆様に大変失礼かつご迷惑をおかけすることがあります。でも、たぶん本当に重要なことは忘れてないと思います。

ちなみに記銘力障害ってなに?ということで、

新しく体験したことを覚えておくことができなくなる障害。重度な場合、数秒あるいは数分前のことを記憶にとどめられなくなる。             引用元:コトバンク

ということで、簡単にいうと短期記憶が苦手、ということです。

そして記憶障害について少し詳しく調べてみました。

記憶障害とは

症状について

記憶障害は次のような症状として表れます。

  • 約束を守れない、忘れてしまう
  • 大切なものをどこにしまったかわからなくなる
  • 他人が自分のものを盗ったという
  • 作り話をする
  • 何度も同じことを繰り返して質問する
  • 新しいことを覚えられなくなる

このような問題があり記憶障害が疑われる場合、記憶のどのような側面が障害されているか、どのような機能が比較的良好かについて検討します。どのくらいの時間記憶しておくことができるか、言葉の意味・自分の体験・操作など、どのような種類か、言葉を介する記憶と見て覚える記憶に違いがないか、といった内容の検討が、その後の訓練との関係で大切です。詳細は次のとおりです。

記憶にかかわる時間

  • 即時記憶あるいは作動記憶(調べた電話番号をかける間の記憶など)
  • 長期記憶(必要なときまで蓄えておく記憶系)
  • 遅延記憶(例:さっきかけた電話番号を思い出す)
  • 近時記憶(例:先週の金曜日の活動について)
  • 遠隔記憶(例:学生時代の出来事)
  • 展望記憶(これから行おうとする計画についての記憶)

記憶の種類

  • 事実(意味記憶=知らない間に覚えた知識、例:米国の首都はワシントン)
  • 個人的体験(エピソード記憶=自分に起こった出来事)
  • 技術や手続き(例:車の運転、パソコンに入力して保存する)
  • 記憶の形
  • 言語的記憶(書かれたもの、話されたものなど言語形態の情報)
  • 視覚的記憶(人の顔、図柄、見取り図など視覚的な形で覚えられる記憶)

記憶の段階

  • 符号化(情報を取り込んで登録すること)
  • 貯蔵(情報を記憶の中に入れて次に必要なときまで保管すること)
  • 検索(必要なときに記憶を呼び起こすこと)

記憶の引き出し方

  • 再生(記憶力を頼りに思い出すこと)
  • 再認(例:以前見たことがあるかどうかを認識しなおすこと)

記憶された時期

  • 逆向記憶(事故や病気の前にあった出来事の記憶)
  • 前向記憶(事故や病気の後の出来事の記憶)

引用:国立障害者リハビリテーションセンターHPより

このように記憶は保持時間、種類、記憶された時期などによって医学的には分類されることがわかります。

さて、私自身を少し分析するとおそらく記憶の保持能力は問題ないと思っており、結構昔のことでも覚えてたりもしますし、いかんせん、今までなんとか学校の勉強も平均的にはクリアーしてきたと思っています。

いま、わたしは様々な事業行う中で情報量は本当にたくさんでありますが、その情報は妥当性や信頼性に欠けていたり、自分自身のビジョンや目標、そして理念にも全く沿わないものもあります。

私は常に情報を選択し、シンプルに動いていきたいと考えています。

なので無意識下ではございますが、おそらく相当量の情報を右から左へ流してしまっているかと思います。
−というわけで、そもそも人のお話も無意識に聞いたふりをしていることもあります。大変失礼なことです。すいません。

つまり、これは私自身の短期記憶障害、記銘力低下ではなく、おそらく医学的にいうと、注意・集中の選択性に関するものなのだと考えています。※注意に関しては、またいつか詳細を書きたいと思います。

 

私の五感から入力された情報は、いまの自分自身にとって重要か、緊急か、とのフィルターにかけられ、おそらく重要性も緊急性も低い情報は私のスコトーマ(盲点)となり、海馬の記憶領域での「保持」という段階に至りづらいのだと思っています。

注意機能というフィルターが「情報の質」を無意識に判別し、適当な情報量を保持させているのかな。と考えております。そんなになんでも覚えてられるほど賢くないので、、、。

 

− ということで冒頭にも

” 自分の頭の中で重要なことと、さほど重要ではないことをいつのまにか勝手に取捨選択をしてしまっているようで、皆様に大変失礼かつご迷惑をおかけすることがあります。でも、たぶん本当に重要なことは忘れてないと思います。”

と記載させていただいたように、私は決して「記銘力低下」ではない! と自分では信じています。笑

自分の記銘力低下をポジティブに考えてみた。

あらためてこの記銘力低下っぽいのをポジティブに考えてみると。

・自分の理念、ビジョンが明確になっている。
・情報フィルターの感度が高い。
・頭が疲れない程度の、質のよい情報を選択し保持できている。
・目的達成に基づいた優先順位をつけやすくなる。(そもそも優先順位が低いものはアタマに残ってないから)
・スケジュール帳にきちんと日程やタスクを記載するようになる。
・忘れっぽいのであんまりストレスが溜まらない。
・いつも新しい気分でワクワクすることが結構多い。
・悪口言われたり傷ついても、だいたい忘れる。
・わりとシンプルに生きている。(つもり)

という感じですごくポジティブな側面を見出すことができました。

クリエイターズの考え方でも 「 障がい = 個性 = 強み 」 というのがあります。

私自身もこの忘れっぽさは強み?!として捉え、ますますポジティブに考えていきたいと思っております。(皆さまに失礼のない程度に)

以上、岩下でした。

 

 / お知らせ / 

東京銀座のアンテナショップ『いしかわ百万石物語・江戸本店』にクリエイターズの金沢葉書&金沢しおり出品!!

main_ic

こんにちは!クリエイターズのHです。

今回はクリエイターズの商品が、東京銀座にある石川県のアンテナショップ、「いしかわ百万石物語・江戸本店」に出品することになりました。

01外観

このアンテナショップは2015年10月8日でちょうど1周年記念日にあたります。
この前後10月3日から10月12日にかけて1周年記念フェアが開催され(詳しくはHPをご覧下さい)、10月3日よりクリエイターズの商品が店頭に陳列されます。

2chirashi.ura_1周年記念チラシ

1周年記念フェア

出品される商品は、金沢葉書5種類金沢しおり5種類です。

 

この1周年を期に、銀座のアンテナショップでは、商品の入れ替えがおこなわれ、クリエイターズの商品である金沢葉書&金沢しおりも選考会を無事通過し、出品となった次第です。

内装1

いしかわ百万石物語・江戸本店内装1

内装2

いしかわ百万石物語・江戸本店内装2

アンテナショップの方々選んで頂きありがとうございました!

クリエイターズ、東京進出です!

メンバー一同ますます商品製作の励みになります。

私達の商品が、東京の人達に受け入れていただけるか、「どうなるやろ〜」と多少不安もありますが、期待感の方が大きく、ワクワクします

もちろん、石川県の方々も、ぜひ東京に出かけた際には、金沢葉書&金沢しおりを手に取ってみて下さいね。

売れ筋は、やはり食品系が強いという話ですが、とにかく全国への第一歩として、良い緊張感が生じ、日々の仕事にも張り合いをもたらしてくれるでしょう。

最初は5種類の金沢葉書&金沢しおりを、各20枚、合計200枚、出品する予定です。
細々ではありますが、嬉しい悲鳴があげられるようみんなで吉報を待っています。

みなさま、ぜひよろしくお願いします!

クリエイターズのHでした。