/ リハスレザー / 

リハスレザーの長財布2種ご紹介です

こんにちは、ライライです。
マスク生活も長くなってきましたが、皆さんマスクにこだわりはありますか?

私はアゴが小さく、メガネをかけるので、普通サイズのマスクだと視界がマスクで隠れてしまうことがあります。
最適なマスクサイズをメモしてあるのですが、以前は置いてあったドラッグストアで取り扱いがなくなったらしく、少々困っています。
マスク探しの旅が始まりました…。

さて、今回はリハスレザーから長財布2種のご紹介です。

長財布

カードポケットが8個ある、使いやすい長財布です。
小銭入れ、札入れの他、2箇所のフリーポケットがあり、レシートや買い物メモなども整理できます。
小銭入れにはファスナータグがついており、開閉しやすく作られています。
使い込むほどに手になじむヌメ革の一品を使用すれば、その味わい深さが使い手を引き立てます。

◯素材 :ヌメ革
◯サイズ:縦10cm×横19cm×厚み2.5cm
◯価格 :23,000円(税抜)

長財布(ラウンドファスナー)

カードポケットが16か所ある、大容量のラウンドファスナー長財布です。
広いマチが2か所、コインケースもあります。
お札やレシートの仕分けがしやすい収納力と、取り出しの容易さを兼ね備えています。
大きな財布ですが軽量で薄く、取り回しやすい長財布となっております。

○素材:ヌメ革
○サイズ:縦10cm×横19.5cm×厚み2cm
○札入れ(2か所)。コインケース。カードポケット16か所。小口ポケット1か所。
◯価格:28,000円(税抜)

==================

■長財布、長財布(ラウンドファスナー)共通

※天然皮革を使用している為、傷や色ムラ等御座います。
※写真と実際の商品につきまして、色味の差異がございます。ご了承ください。

*【名入れ、ロゴマーク】について
●何も指示や要望がなければ、指定の位置に <REHAS>のロゴが入ります。

●指定フォント、指定位置での名入れ(無料)
詳細は画像をご参照ください。
指定位置は別途ご相談させていただきます。

==================

【リハスレザーについて】
「障がい者が、障がいがあることが問題ではなく、障がい者が活躍できない社会こそが問題である」
これは、弊社創業者が強い憤りを感じた経験に基づく強い思いです。

リハスレザーは、障がいを持ったメンバーが、製品一つひとつを丁寧に創り上げています。
メンバーの障がいは、一人ひとりの個性です。
「障害があっても稼ぐ」を合言葉に自分の個性を生かしながら日々、制作に勤しんでいます。
私たちが作り出す「モノ」と「想い」と「モノガタリ」が、たくさんの人に届くことを切に願っています。

以上、長財布2種のご紹介でした。

革製品の中でも大きめなので、お値段も比較的お高めかと思います。
とはいえ、それだけ手間をかけて作られていますよ。

革のコバ処理について、革班の方に伺ってみました。

コバとは、革の切り口のことです。そのままでは毛羽立ちがあったり、重ねたところが揃っていなかったりするので、まず木に巻きつけたサンドペーパーで磨きます。切り口の角も磨きます。それから、水を薄く塗り、専用の木べらで整えます。乾いたらコバ用のボンドを塗布し、さらにワックスを塗って紙で磨いてつるつるにします。

とのことでした。これだけでも繊細で集中力が要りそうな処理です。
ネットでコバ処理を調べてみましたが、一般的な方法のうちいくつかを組み合わせている、リハスレザーオリジナルの処理方法かもしれません。

コバ処理された部分を触ってみたところ、本当にツルツルしていて、なにこれ、触り心地いい…。ずっと触っていたい…。とうっとりしました(笑)

私も、革班のお邪魔にならないようにしつつ、さらに革製品について勉強していきたいです。

革製品の製作風景について、にゃんこうめさんの書かれた記事がありましたので、参考までにリンクを貼っておきますね。(画像あり)

 

商品についてお問い合わせは、ホームページのお問い合わせフォームからお願い致します。

オンラインショップはこちら。
Rehas leather【リハスレザー】ハンドメイド革小物

それでは、今日も良い1日をお過ごしくださいませ!

 / お知らせ / 

〜クリエイターズの作業風景から〜革製品編その③

こんにちは、にゃんこうめです。
今日はあるニュースが気になったのでそのお話を。
ある企業の技術者がAIを作ったのですが、そのAIに意識があり、感情が生まれたというものです。このお話、どこまでの信憑性があるのかわかりませんが、ついにここまで来たかと思いました。まさに映画やアニメの世界が現実のものになろうとしている。これが発展し、究極ロボットに心が備わったなら、自分たちの暮らしも大きく変わることになるのでしょうか。昔アイボという犬型のロボットがいましたが、さらに進化して気持ちを喋るようになって・・今日は散歩は面倒だからいいわぁ・・とかいうようになったりして(笑)

以前クリエイターズで販売している革製品の作業風景の第一弾第二弾をお送りしましたが、今回は最終回第三弾です。
第三弾の今回は縫製・仕上げです。

縫製の行程で使うのは、普通の布用より太めの針と、麻糸です。
前の行程で開けた穴はひし形になっていて、その穴に合わせて糸を引く方向や力加減を調整し、ステッチにムラができないよう気をつけて作業しているそうです。

最後に仕上げの行程に入ります。ネームタグやフック(留め具、ボタンの形状のもの)、刻印などです。この行程は修正がきかず、基本一発勝負となります。フックを付ける際の穴あけは、仕上がりに関わります。大変緊張する作業です。

リハスレザーでは、ブランドロゴの刻印があるのですが、そのロゴの刻印も大変難しく何度も練習してから商品への刻印に取り組むそうです。

取材を通して、革班の方々の仕事に向かう姿勢の真摯さを感じました。
三回に分けて革製品が出来上がるまでをお届けしました。いかがでしたでしょうか?

リハスレザーは、当事業所で扱っている他の商品に比べると高価です。商品展開も始まったばかりで、まだまだ育てている途中といった感じですかね。
それでも、刻印まで終わった商品を拝見して、確かにいい!と思いました。

この記事をきっかけに、リハスレザーの商品に興味を持っていただけたらうれしいです。

 / リハスレザー / 

長財布をオーダーで作りました!

こんにちは、ライライです。
クリエイターズの利用者さんの中には、イヤホンをしながら作業していらっしゃる方もちょいちょいいます。
私も最近、作業によってはイヤホンをしています。
耳の中を血が流れている音が聞こえるというか、心拍数を感じるというか。
不思議と落ち着きます。

さて、今日はちょっと特別な記事でしょうか。
スタッフのご友人からカスタムオーダーで長財布のご注文をいただき、それが出来上がりましたので許可をいただいてのご紹介です。

==================

(ご購入者様より)
友人の会社で革小物をオーダー製作していると聞き、興味を持ちました。カラーを選べることとネームタグがつけれて、完全オリジナルの財布が作れるのが魅力と感じました。今回は外側をチョコレート色、内側をボルドーにして、ネームタグに名入れをお願いしました。

(製作者感想)
今回、初めての作業が多く緊張の連続でした。染色はパーツの全てを同じ色にムラなく染めるのに苦労しました。また、刻印はずれるとすべてが台無しになるので、上下左右バランス良く刻印するのに神経を使いました。最後にネームタグを財布に金具で留めて完成となります。細心の注意を払って取り付けました。無事仕上がってホッとしています。気に入っていただけるとうれしいです。

 

==================

オーダーいただいた長財布をご紹介いたしました。
リハスレザーの広報のような形で関わっておりますので、製品ができあがり購入者様のお手元にお届けできる状態になるのは、私もとてもうれしいです。
末長くご愛用いただけるといいなと思いました。

リハスレザーでは、商品パッケージにもこだわっております。
Rehasのタグだけでなく、紐や商品保護用にも端材の革を使用しています。
(撮影用にセットしていただきましたが、実際には商品を薄紙で包んで保護します)
製品保証書には、手書きで製作者のサインがはいります。

商品についてお問い合わせは、ホームページのお問い合わせフォームからお願い致します。
オンラインストアはこちらからどうぞ。
Rehas leather【リハスレザー】ハンドメイド革小物

それでは、今日も良い1日をお過ごしくださいませ!

 / リハスレザー / 

革の新商品、IDカードホルダー発売中です

こんにちは、初めまして。
最近クリエイターズに仲間入りした、ライライと申します。
この度、にゃんこうめさんの業務、ブログ更新が二人体制になり、後輩の役目を仰せつかりました。
どうぞよろしくお願いします!

さて、今回はリハスレザーから新商品のIDカードホルダーをご紹介致します。
私は入社したばかりで革製品のことも勉強中ですが、革班の人たちは、ひとつひとつ製作に時間をかけ、丁寧に作業されています。

==================

裏ポケットにカードを収納できるIDカードホルダーです。
普段使いのカードを裏ポケットに入れて、さっとお出かけもできます。
取り外し可能なネックストラップ(別売)をつければ、定期入れにもなります。

○素材:ヌメ革
○サイズ:縦8cm×横11cm×厚み1cm

◯価格:3,000円(税別)
※紐は別売り1,000円(税別)です。

IDカードホルダー

==================

※天然皮革を使用している為、傷や色ムラ等御座います。
※写真と実際の商品につきまして、色味の差異がございます。ご了承ください。

*【名入れ、ロゴマーク】について
●何も指示や要望がなければ、指定の位置に <REHAS>のロゴが入ります。

●指定フォント、指定位置での名入れ(無料)
詳細は画像をご参照ください。
指定位置は別途ご相談させていただきます。

==================

【リハスレザーについて】
「障がい者が、障がいがあることが問題ではなく、障がい者が活躍できない社会こそが問題である」
これは、弊社創業者が強い憤りを感じた経験に基づく強い思いです。

リハスレザーは、障がいを持ったメンバーが、製品一つひとつを丁寧に創り上げています。
メンバーの障がいは、一人ひとりの個性です。
「障害があっても稼ぐ」を合言葉に自分の個性を生かしながら日々、制作に勤しんでいます。
私たちが作り出す「モノ」と「想い」と「モノガタリ」が、たくさんの人に届くことを切に願っています。

==================

早速、この商品を普段使いしているスタッフに感想を聞いてみました。

IDカードホルダー使用例

「裏ポケットにはタイムカードを入れています。首から下げているので、すぐピッとできます。革なので持つ喜びがあるし、周りと違うので特別感があります。紐は裏がトコになっていて、使い始め2〜3日はもけもけしたけど、今は取れて馴染んでいます。大変気に入っています」

==================

商品についてお問い合わせは、ホームページのお問い合わせフォームからお願い致します。

それでは、今日も良い1日をお過ごしくださいませ!


〜クリエイターズの作業風景から〜革製品編その②

こんにちは、にゃんこうめです。
とうとうというか、ついにというか冷蔵庫にカメラが付いたものが発売されましたね。買い忘れやすでに買ってある食材の二重購入を防いだりに使えて、便利そうです。ただ、奥に入っているものまで写せるわけでもなく、まだまだ改善の余地はありそうです。私的にはカメラよりも、買ったものが自動で冷蔵庫に登録されて、ついでに消費期限近くなったらお知らせしてくれれば最高なのですが・・・手動で登録でもいいので、どこかのメーカーの方製作お願いします(笑)

以前にクリエイターズで販売している革製品の作業風景の第一弾、革の切り出しまでをお送りしましたが、今回はその第二弾をお送りします。
切り出したものを今度はトコ処理というものをします。これは、革の床面(裏面)・コバ面(断面)を滑らかにする処理のことです。革はそのままの状態だと、床面・コバ面が毛羽立ちざらざらしています。この処理は、耐久性を良くするためであったり、見た目をよくするといったことのためにとても重要な作業です。
そしてこの作業で気をつけなければならないのは、処理のために使うボンドが、少しでも必要ない部分に付いてしまうと、シミになってしまい取り返しがつかないということです。

続いての工程はトコ処理・コバ処理された革に、糸を通し縫うための穴を開ける作業です。これはフォークのような工具を使って行うもので、穴あけの際には力加減がとても重要になってきます。強すぎて穴が大きすぎると、糸を通した時に穴が目立ってしまう。だからといって弱すぎると糸を通すのが難しくなってしまう。その上、穴の位置は均等になっていなければいけないので、始まりと終わりのことを考えて、どこ基準で穴を開け始めるか、革の重なった部分などにも気をつけてやらなければいけません。

どの作業においても経験がものを言うことが多く、毎日の積み重ねの上に成り立っていて、私も自分の作業において、日々の努力を今以上にしなければと感じました。

さて、今回は革製品の工程、トコ処理、コバ処理そして穴あけ作業までのお話をお伝えしました。この後の工程は縫製・仕上げと作業の紹介は途中ですが、今回はこの辺で。

 / 日々のこと / 

〜クリエイターズの作業風景から〜革製品編その①

こんにちは、にゃんこうめです。
私は清掃のお仕事もさせてもらってるのですが、ある時清掃する部屋の中に、お客様が在室しているのかの確認のため、コンコンとノックして「清掃です」と言わなければいけない場面がありました。私は、もしお客様がいらして対応することになったら・・などと考えて、緊張してしまい、
「コンコン、清掃です」
「コンコン、清掃です」
「コンコン、清掃です」
・・・おわかりでしょうか?私はドアをコンコン叩くノックの動作をしながら、口でもコンコンと言ってしまっていました(笑)
周りに誰もおらず、お客様も、幸いにいらっしゃらなかったので事なきを得ましたが、自分で、はたと、変な事を言った事に気がついた時には、あまりの衝撃と恥ずかしさにその場に崩れ落ちました(笑)皆さんもこんな経験、ありますよね?え?あるわけないですって?(笑)

さて今回は、革製品の作業内容について深掘りしていこうと思います。
革製品は、多くの工程を経て作られています。簡単に説明しますと、先ずは採寸、型取り。その後に切り出し。それが終わると今度は、染色、貼り合わせ。そして最後に縫製をし、仕上げて完成という流れです。
革製品を作る時に最初に行うのは、革の厚みを考え、大きな革のどの部分をどう使うかを考えるところから始まります。革と、一口に言っても、部位ごとにまた個体ごとに厚みが違います。製品にした時、厚みがある程度均一になっていないと良い製品とは言えません。その為の見極めがとても重要です。
次に採寸ですが、ここで綺麗に採寸できないと、後の全ての作業に影響が出るので、ここでも気を抜けません。
しかも、革は染めると縮みます。それを考慮して大体1センチほど大きめに採寸しないといけない。その上、定規などを革に当てると傷の原因になるので、フリーハンドで切るんです!
と、商品としての出来上がりを考えて逆算しながら製作していくという、とても難しい作業で、これは経験がモノを言いますね。本職の方に比べたらまだまだかもしれませんが、携わってる方達は革製品を専門に扱っている方達ばかりで、ベテランと言っても過言ではありませんし、革にかける情熱では負けていません!
そんな熱い思いを胸に今日も頑張って製作しています!!

 / お知らせ, リハスレザー / 

コーヒー染め商品のご紹介!

最近自転車で転んで顔に怪我をしてしまったにゃんこうめです。傷を隠すためサングラスをしているのですが、これを使い始めてからよくおこる事があります。
ある日のこと。家に帰って居間のライトを付けます。
あれ?なんか暗い・・・球切れ近いかなぁ・・・
・・・はっっ!サングラスのせいかっっ!(1人で恥ずかしがる)
車を運転してます。なんか天気悪いなぁ・・・雨降るかなぁ・・・
・・・はっっ!サングラスのせいかっっ!(1人で恥ずかしがる)
こんなことを1日1回やってます(笑)

さてクリエイターズでは、SDGsの一環ということで、革のコーヒー染め商品を販売しています!
会社で使用したドリップ後のコーヒー粉を使います。工程としては、煮出す→液をさらに煮て濃縮→冷ましてから革を浸す→オイルを塗る→乾燥と、大まかにはこんな流れで作られています。

色合いは写真を見ていただけばわかる通り、えもいわれぬ美しさになります。
染料とは違い、自然のものを使っているので、同じように染めるのは中々難しいですが、それもまた”味”として楽しんでもらえたらと思います。
商品としましては、バインダー9900円とキーケース8250円があります。
発売はもう少し先ですが、完成次第またお知らせしたいと思います!

私も毎日コーヒーは豆から挽いて飲んでますので、この商品はコーヒー好きとしても、非常に気になるところです!


Shoe shine Monday’sが4/1から正式オープン!!

週に一度は凝った料理を作るにゃんこうめです。最近体調や精神面でもすぐれなく、知人から紹介されたのもあって、アロママッサージへ行ってきました。行ったのは良かったのですが、私の身体にちょいちょいと触れてすぐに
「あーこれは・・・(笑)」
「なんですかその不穏な笑みは!」
「先ずは全身を整えるところからやらないと。アロマもなにもあったもんじゃない」
え。私の身体は一体今どんなだ。。。
聞いたところによると、あちこちの怪我などをかばうあまり、全身をうまく使えてなくて、どこもかしこもカチコチだそうで。なんだったら人間の動きではないとまで言われる始末・・・人間じゃないとしたらなんだ私はエイリアンかっ。
先ずは筋膜を剥がすという施術から。これは大の大人が泣き叫ぶレベルです。かくいう私ものたうち回り、あまりのコトに先生を蹴り倒しそうになったくらいです(笑)
ただ全てが終わり、立ち上がった瞬間、そこには別人の自分がいました。今まで私は結構な猫背でしたが、それが勝手に後ろに倒れそうになる位背筋が伸びていて、呼吸もしやすくなり、スッキリとしていました。『こんなにも違うものなのか!』とマッサージで初めて感動というものを味わいました。当然一度の施術では人間に戻れないので、徐々にエイリアンの皮が剥がれていけばいいなって思ってます(笑)

さてクリエイターズが行う新事業の靴磨き、Shoe shine Monday’s(シューシャインマンデイズ)も明日から本格始動というコトで、今回はそれに関連して、靴ひもの結び方についてちょっと色々調べてみました。
一口に結び方といっても、靴の種類やその使い方で結び方も様々です。ざっと調べただけでも、基本のシングル、パラレル、オーバーラップ、アンダーラップに始まり、ファスナー結び ・チェッカーボード ・ブッシュウォーク ・ダブルクロス ・ツイスティ・・・などなど多くの結び方があるようです。シングルはビジネス、フォーマル、ドレスシューズ用の靴に合うものだそうで、私は今回初めて知りました。これが一般的だというコトも初めて知りました(笑)パラレルは、長時間歩いても疲れにくいという特徴があるそうで、つま先から順にクロスしながら結ぶアレです。私はこれしか知らなかったんで、ちょっと目からウロコですね。靴ひもで遊べる、ちょっとおしゃれもできるんだーって試してみたくなりました。

靴って紐一つとっても、奥が深いものなんですね。特に革靴はしっかりお手入れをしていけば、良質なものならば、10年程もつそうで、定期的なお手入れは欠かせません。
靴のお手入れは女性のスキンケアと同じ、潤いを与え、良い状態をキープすることが長持ちのコツのようです。
靴のお手入れ最近してないな、というそこのあなた。クリエイターズのShoe shine Monday’sを一度お試しください!
靴がピカピカになれば気持ちも晴れやかになること間違いなしです!

1 / 212