クリエイターズの合言葉

障がいがあっても稼ぐ

クリエイターズの想い

はたらく

働くことは 、「傍(はた)」を「楽(らく)」にすること。

自分がはたらくことで、周囲の人を楽にするために・・・。
自分のためだけにはたらくのではなく、世のため、人のため・・・
自分がはたらくことの意味を感じてもらいたい。
また、自分自身も「楽しんで」はたらいてほしい。
この事業所に関わる全ての人たちが、この想いを胸に「はたらくこと」「生きること」の意味を見つけ感じていただけたらと思います。

クリエイターズの歴史と想い

2014年1月、株式会社クリエイターズ設立、同年4月にリハビリ型就労スペース「リハス」がスタートしました。

就労継続支援A型事業所として、”働きたい”と強く願う障がい者さんと共に作業療法士が中心となり、「障がいがあっても稼ぐ!」を合言葉にデザイン事業と清掃事業の2本柱で始めました。

障がいといってもいろんな障がいがあり、生まれた時から障がいのある方や病気や事故などにより障がいを持つ方、そして、精神障がい、身体障がい、発達障がい・・・わたしたち就労リハスでは様々な障がい者さんが働いております。

障がいを決してマイナスにみるのではなく、障がいがあるからこそ今の自分がいる、障がいがあるからこそそれを生かした「強み」がある、人としてその方の存在を尊重しながら、この事業所に携わる全ての人たちが幸せになれるよう「傍楽(はたらく)」といった支援をサポートしています。

デザイン事業でのクリエイターズ商品の販売、心温まる絵の作品、清掃事業でのアパートやマンションのハウスクリーニング業務、少しずつ少しずつではありますが、障がいがあっても稼ぐ!傍楽(はたらく)!といった活動が広まってきました。

また、デザイン・清掃事業のみならず、飲食事業として飲食店での就労や農業活動にも細々とではありますが行っております。

障がい者が「傍楽(はたらく)」には当事者や家族、支援者だけでは本当の支援はできません。

その地域において、支援する人・支援される人を区別なく一住民として共に生活していくことが大切です。

健常者をはじめ、障がい者・高齢者・児童・学生…1人1人がわけ隔てなく「支援する・支援される」、そんな地域作りができたらどんなに幸せでしょう。

クリエイターズに関わる人たちがこの金沢の魅力ある地域創りに少しでも尽力できますように・・・
このWEBサイトを通して、クリエイターズのことを少しでも知って頂けたら幸いです。

どうぞ楽しんでいって下さい・・・。

つくっているものや仕事のこと