/ リハスレザー / 

リハスレザーのオンラインストアをリニューアルしました

リハスレザーのネットストアトップ

こんにちは、ライライです。
早いもので入社(というのでしょうか、A型でも)して半年ほどが経ちました。
失敗もありつつ、日々楽しくお仕事させてもらっています。

さてさて、今回はリハスレザーのオンラインストアをリニューアルしましたよというご報告です。
すでに見てくださった方もいらっしゃるでしょうか?
製作側は主にPCで作業しているので、スマホで見づらい部分もあるかと思います。

というわけで、新しくなったストアの紹介をさせてくださいね。

ネットストア(スマホ版)

1.トップページ

スマホ版トップ

二本の線をタップするとメニュー画面が開きます。

トップページについてはそれほど説明の必要はないと思います。
メニューが2本線なのが少しわかりづらいですかね。
必要があれば随時改良していきます。

2.メニュー画面

メニュー画面

メニューを開いたところです。

たぶん、メニューをタップしたことのある方はあまりいないのでは?と思っています。
こんな風になっています。

3.「財布」をタップしたところ

「財布」のトップ

「財布」をタップしたところです。

セール商品には赤いプライスダウンのアイコンがついています。
何もついていないものは既存商品です。

4.商品詳細

国産ジビエ鹿革のラウンド長財布

商品の詳細画面です。

画像が長くなりすぎるので省略しましたが、国産ジビエ鹿革ラウンド長財布(白)の商品詳細画面です。
写真は左右にある<>という記号をタップするか、写真自体をフリックすると切り替わります。

5.リニューアルとセールについて

ネットストアのリニューアルは、ユーザー様により使いやすく見やすいサイトを目指してでした。また、今後商品が増えることが予想されていたためでもあります。
ぜひ、新しくなったリハスレザーのサイトを訪れてみてくださいね。
お気に入りの革小物が見つかるといいなと思っています。

リニューアル後、初期製作作品を中心にセールを行っています。
初期製作作品は、現在の主力商品より可愛らしいものが多いと感じていますがどうでしょうか?

長くなってしまいましたが、新しくなったネットストアのご紹介でした。
PC版についても別記事でご説明できればと思っていますので、少々お待ちください。

商品についてお問い合わせは、ホームページのお問い合わせフォームからお願い致します。

オンラインショップはこちら。
Rehas leather【リハスレザー】ハンドメイド革小物

また、これはお近くにお住いの方限定になってしまいますが、ネットストアで見た商品をお手に取ってみたい方は、クリエイターズの店舗にて在庫管理しておりますので、お気軽にお越しください。

それでは、今日も良い1日をお過ごしくださいませ!

 / リハスレザー / 

リハスレザーからキーケースのご紹介です

こんにちは、ライライです。
淡々と(?)ブログ記事を書いている私ですが、通所し始めていきなりやらかしてしまったことがあります。
詳細はドン引きされそうなので省略するとして、そんな利用者にも色々な仕事を任せてくれるのがクリエイターズという職場のようです。ありがたいことです。
出勤すると今日の気分をお天気で表現する、ユニークな出勤簿もあったり。

さてさて、今日はキーケースをご紹介いたします。

三つ折りのコンパクトなキーケースです。
キーリングに車のスマートキーも取り付けられます。
4連フックなので家の鍵だけでなく、会社関連で必要な鍵も持ち運べます。
カードポケットも1ヶ所あるので、近場ならこのキーケースとスマホで外出もできます。

○素材:ヌメ革
○サイズ:縦7cm×横10.5cm×厚み2.5cm

==================

※天然皮革を使用している為、傷や色ムラ等御座います。
※写真と実際の商品につきまして、色味の差異がございます。ご了承ください。

*【名入れ、ロゴマーク】について
●何も指示や要望がなければ、指定の位置に <REHAS>のロゴが入ります。

●指定フォント、指定位置での名入れ(無料)
詳細は画像をご参照ください。
指定位置は別途ご相談させていただきます。
フォントに関しては明朝体、ゴシック体、筆記体よりお選びいただけます。

名入れオプションに「○○(印字したい文字) 明朝体」などとご指定ください。

==================

【リハスレザーについて】
「障がい者が、障がいがあることが問題ではなく、障がい者が活躍できない社会こそが問題である」
これは、弊社創業者が強い憤りを感じた経験に基づく強い思いです。

リハスレザーは、障がいを持ったメンバーが、製品一つひとつを丁寧に創り上げています。
メンバーの障がいは、一人ひとりの個性です。
「障害があっても稼ぐ」を合言葉に自分の個性を生かしながら日々、制作に勤しんでいます。
私たちが作り出す「モノ」と「想い」と「モノガタリ」が、たくさんの人に届くことを切に願っています。

==================

革班の方々がいつもとは別の場所で作業されていたので、お話を伺ってきました。
革の染色見本を作る作業でした。

メンバーのひとりによると、革の染色はもっとも気を使う作業とのこと。
スポンジでぽんぽんと染料を染み込ませていくのですが、乾いたときには少し薄くなるのを見越して作業しなければいけないそうです。

加減が難しく、濃く染めすぎてしまうと革が使えなくなり、製作日数に影響が出ます。
染めと乾燥で最低でも2日かかる、ときには3日くらいかかることもあるそうです。

そんなこんなで手間のかかる革製品です。
皆様のお手元にお届けできるまで、お時間を頂戴します。

ちなみに私はかなり嗅覚が鋭く、知り合いには犬並とか言われるのですが、リハスレザー製品はほぼ匂いがしません。
革独特の匂いが苦手な方にもおすすめできます。

商品についてお問い合わせは、ホームページのお問い合わせフォームからお願い致します。
オンラインストアはこちらからどうぞ。
Rehas leather【リハスレザー】ハンドメイド革小物

それでは、今日も良い1日をお過ごしくださいませ!

 / リハスレザー / 

リハスレザー、折り財布のご紹介です

二つ折り財布

こんにちは、ライライです。
私はクリエイターズに入社する直前、デザインの勉強をするところに通っていました。
イラストレーターやフォトショップ、HTML5/CSS3などについて学び、障がいはあるけれどデザインの仕事ができるといいなと、求人情報をチェックする日々でした。

デザイナーになりたいと思い始めたのは高校生の頃で、大学でもデザインを学んではいたのですが、就職氷河期という社会情勢もあって、希望する職種にはつけませんでした。
また、学生時代に発病したので、デザインは好きだけれど思い出すと辛いこともあって、卒業後しばらくは事務の仕事をしていました。

高校生の頃思い描いた形とは違いますが、今こうしてクリエイターズで色々なお仕事をさせていただいており、支えてくださるスタッフの皆さんや、頑張って働いている他の利用者さんたちの存在にも感謝しています。

さて、今回もまたまたリハスレザー商品の記事です。
既存商品のうち、まだブログにアップしていなかったものを2品ご紹介していきますね。

二つ折り財布

二つ折り財布

カードポケットが内側に7か所ある、機能的な二つ折り財布です。
軽く、使い込むうちに味わいが増すヌメ革を使用しています。
裏ポケットはカード入れとしても、レシートを一時的に保管する用途にもなります。

○素材:ヌメ革
○サイズ:縦9cm×横11cm×厚み2cm
○札入れ。コインケース。カードポケット7か所。
裏ポケット。左カードポケット裏、ポケット。
◯価格:14,500円(税抜)

三つ折り財布

三つ折り財布

開くと中央にコインケースがある、コンパクトな三つ折り財布です。
手のひらサイズで、札入れとカードポケットがあります。
軽くかさばらないのでお財布をミニマルにしたい方にもおすすめです。

○素材:ヌメ革
○サイズ:縦10.5cm×横7.5cm×厚み3cm
○札入れ。コインケース。カードポケット2か所。
◯価格:9,000円(税抜)

==================

■ 二つ折り財布、三つ折り財布共通

※天然皮革を使用している為、傷や色ムラ等御座います。
※写真と実際の商品につきまして、色味の差異がございます。ご了承ください。

*【名入れ、ロゴマーク】について
●何も指示や要望がなければ、指定の位置に <REHAS>のロゴが入ります。

●指定フォント、指定位置での名入れ(無料)
詳細は画像をご参照ください。指定位置は別途ご相談させていただきます。

==================

【リハスレザーについて】
「障がい者が、障がいがあることが問題ではなく、障がい者が活躍できない社会こそが問題である」
これは、弊社創業者が強い憤りを感じた経験に基づく強い思いです。

リハスレザーは、障がいを持ったメンバーが、製品一つひとつを丁寧に創り上げています。
メンバーの障がいは、一人ひとりの個性です。
「障害があっても稼ぐ」を合言葉に自分の個性を生かしながら日々、制作に勤しんでいます。
私たちが作り出す「モノ」と「想い」と「モノガタリ」が、たくさんの人に届くことを切に願っています。

==================

今回は折り財布をご紹介致しました。
クリエイターズに通勤するにあたって、今の財布が少し小さいので、私もこのどちらかの財布がほしいなあと思っていたりします。
価格的には三つ折りがありがたいですが、二つ折り財布のカード収納力も魅力的で、どちらにするか悩んでいます。
もともと革製品が好きなので、自分の会社で作られたものを手に入れられるのならとてもうれしいですね。頑張って働こう!

商品についてお問い合わせは、ホームページのお問い合わせフォームからお願い致します。
オンラインストアはこちらからどうぞ。
Rehas leather【リハスレザー】ハンドメイド革小物

それでは、今日も良い1日をお過ごしくださいませ!

 / リハスレザー / 

リハスレザーの長財布2種ご紹介です

こんにちは、ライライです。
マスク生活も長くなってきましたが、皆さんマスクにこだわりはありますか?

私はアゴが小さく、メガネをかけるので、普通サイズのマスクだと視界がマスクで隠れてしまうことがあります。
最適なマスクサイズをメモしてあるのですが、以前は置いてあったドラッグストアで取り扱いがなくなったらしく、少々困っています。
マスク探しの旅が始まりました…。

さて、今回はリハスレザーから長財布2種のご紹介です。

長財布

カードポケットが8個ある、使いやすい長財布です。
小銭入れ、札入れの他、2箇所のフリーポケットがあり、レシートや買い物メモなども整理できます。
小銭入れにはファスナータグがついており、開閉しやすく作られています。
使い込むほどに手になじむヌメ革の一品を使用すれば、その味わい深さが使い手を引き立てます。

◯素材 :ヌメ革
◯サイズ:縦10cm×横19cm×厚み2.5cm
◯価格 :23,000円(税抜)

長財布(ラウンドファスナー)

カードポケットが16か所ある、大容量のラウンドファスナー長財布です。
広いマチが2か所、コインケースもあります。
お札やレシートの仕分けがしやすい収納力と、取り出しの容易さを兼ね備えています。
大きな財布ですが軽量で薄く、取り回しやすい長財布となっております。

○素材:ヌメ革
○サイズ:縦10cm×横19.5cm×厚み2cm
○札入れ(2か所)。コインケース。カードポケット16か所。小口ポケット1か所。
◯価格:28,000円(税抜)

==================

■長財布、長財布(ラウンドファスナー)共通

※天然皮革を使用している為、傷や色ムラ等御座います。
※写真と実際の商品につきまして、色味の差異がございます。ご了承ください。

*【名入れ、ロゴマーク】について
●何も指示や要望がなければ、指定の位置に <REHAS>のロゴが入ります。

●指定フォント、指定位置での名入れ(無料)
詳細は画像をご参照ください。
指定位置は別途ご相談させていただきます。

==================

【リハスレザーについて】
「障がい者が、障がいがあることが問題ではなく、障がい者が活躍できない社会こそが問題である」
これは、弊社創業者が強い憤りを感じた経験に基づく強い思いです。

リハスレザーは、障がいを持ったメンバーが、製品一つひとつを丁寧に創り上げています。
メンバーの障がいは、一人ひとりの個性です。
「障害があっても稼ぐ」を合言葉に自分の個性を生かしながら日々、制作に勤しんでいます。
私たちが作り出す「モノ」と「想い」と「モノガタリ」が、たくさんの人に届くことを切に願っています。

以上、長財布2種のご紹介でした。

革製品の中でも大きめなので、お値段も比較的お高めかと思います。
とはいえ、それだけ手間をかけて作られていますよ。

革のコバ処理について、革班の方に伺ってみました。

コバとは、革の切り口のことです。そのままでは毛羽立ちがあったり、重ねたところが揃っていなかったりするので、まず木に巻きつけたサンドペーパーで磨きます。切り口の角も磨きます。それから、水を薄く塗り、専用の木べらで整えます。乾いたらコバ用のボンドを塗布し、さらにワックスを塗って紙で磨いてつるつるにします。

とのことでした。これだけでも繊細で集中力が要りそうな処理です。
ネットでコバ処理を調べてみましたが、一般的な方法のうちいくつかを組み合わせている、リハスレザーオリジナルの処理方法かもしれません。

コバ処理された部分を触ってみたところ、本当にツルツルしていて、なにこれ、触り心地いい…。ずっと触っていたい…。とうっとりしました(笑)

私も、革班のお邪魔にならないようにしつつ、さらに革製品について勉強していきたいです。

革製品の製作風景について、にゃんこうめさんの書かれた記事がありましたので、参考までにリンクを貼っておきますね。(画像あり)

 

商品についてお問い合わせは、ホームページのお問い合わせフォームからお願い致します。

オンラインショップはこちら。
Rehas leather【リハスレザー】ハンドメイド革小物

それでは、今日も良い1日をお過ごしくださいませ!

 / リハスレザー / 

リハスレザー、名刺ケースのご紹介です

名刺ケース

こんにちは、ライライです。
会社までは公共交通機関で通っています。
結構うちから遠いのですが、行きは乗り換えなしで通所できるのがありがたい。しかし、朝はかなりの確率で乗り物の中で寝てしまっています。

マスクをしているからいいものの、口を開けて首が後ろにカックンとなることもあるので、微妙に恥ずかしい。
クリエターズは始業開始が朝10時と少し遅めなので、乗り物も比較的空いていて、あまり多くの人には見られていない、と思いたいです。

さてさて、前回に引き続き、リハスレザー新商品のご紹介です。

==================

リハスレザー名刺ケース

大きく開くマチと中仕切りで、取り出しやすい名刺入れです。
名刺ポケット、カードポケットを各2か所づつ備えており、収納が豊富です。
ナチュラルなヌメ革は使い込むほどに味わいが増します。
上質な名刺ケースをあなたのビジネスシーンに是非お役立てください。

○素材:ヌメ革
○サイズ:縦7cm×横10.8cm×厚み1.5cm
◯価格:6,500円(税別)

==================

※天然皮革を使用している為、傷や色ムラ等御座います。
※写真と実際の商品につきまして、色味の差異がございます。ご了承ください。

*【名入れ、ロゴマーク】について
●何も指示や要望がなければ、指定の位置に <REHAS>のロゴが入ります。

●指定フォント、指定位置での名入れ(無料)
詳細は画像をご参照ください。
指定位置は別途ご相談させていただきます。

==================

【リハスレザーについて】
「障がい者が、障がいがあることが問題ではなく、障がい者が活躍できない社会こそが問題である」
これは、弊社創業者が強い憤りを感じた経験に基づく強い思いです。

リハスレザーは、障がいを持ったメンバーが、製品一つひとつを丁寧に創り上げています。
メンバーの障がいは、一人ひとりの個性です。
「障害があっても稼ぐ」を合言葉に自分の個性を生かしながら日々、制作に勤しんでいます。
私たちが作り出す「モノ」と「想い」と「モノガタリ」が、たくさんの人に届くことを切に願っています。

==================

以上、名刺ケースのご紹介でした。
実は、商品写真撮影や画像加工もわたくしが担当しております。
ドキドキしながらこの名刺ケースの撮影と画像加工もしました。比較的初期に撮影したので、今見ると構図など慣れない感じがしますね。

カメラを最近買いましたと面接で話したところ、「じゃあ撮影もやってもらおうかな!」という感じで…業務に組み込まれました。全然カメラのことも写真の構図のことも分かっていないので、アタフタしています。

フォトショップでの色味調整もどちらかというと苦手項目なので、実際アップされる画像を見ると、もっと勉強しようという気持ちになりますねぇ。

撮影で触らせていただいた実際の商品は、ヌメ(黒)のものなのですが、綺麗な黒色に染まっていました。開くと無染色のヌメなので、名刺が見やすいです。
幅も少し広めに作られていて、取り出しやすく、使いやすさを考えて作られています。

名刺ケースの新調を考えていらっしゃる方、リハスレザーの名刺ケースはいかがですか?

 

商品についてお問い合わせは、ホームページのお問い合わせフォームからお願い致します。

それでは、今日も良い1日をお過ごしくださいませ!

 / リハスレザー / 

長財布をオーダーで作りました!

こんにちは、ライライです。
クリエイターズの利用者さんの中には、イヤホンをしながら作業していらっしゃる方もちょいちょいいます。
私も最近、作業によってはイヤホンをしています。
耳の中を血が流れている音が聞こえるというか、心拍数を感じるというか。
不思議と落ち着きます。

さて、今日はちょっと特別な記事でしょうか。
スタッフのご友人からカスタムオーダーで長財布のご注文をいただき、それが出来上がりましたので許可をいただいてのご紹介です。

==================

(ご購入者様より)
友人の会社で革小物をオーダー製作していると聞き、興味を持ちました。カラーを選べることとネームタグがつけれて、完全オリジナルの財布が作れるのが魅力と感じました。今回は外側をチョコレート色、内側をボルドーにして、ネームタグに名入れをお願いしました。

(製作者感想)
今回、初めての作業が多く緊張の連続でした。染色はパーツの全てを同じ色にムラなく染めるのに苦労しました。また、刻印はずれるとすべてが台無しになるので、上下左右バランス良く刻印するのに神経を使いました。最後にネームタグを財布に金具で留めて完成となります。細心の注意を払って取り付けました。無事仕上がってホッとしています。気に入っていただけるとうれしいです。

 

==================

オーダーいただいた長財布をご紹介いたしました。
リハスレザーの広報のような形で関わっておりますので、製品ができあがり購入者様のお手元にお届けできる状態になるのは、私もとてもうれしいです。
末長くご愛用いただけるといいなと思いました。

リハスレザーでは、商品パッケージにもこだわっております。
Rehasのタグだけでなく、紐や商品保護用にも端材の革を使用しています。
(撮影用にセットしていただきましたが、実際には商品を薄紙で包んで保護します)
製品保証書には、手書きで製作者のサインがはいります。

商品についてお問い合わせは、ホームページのお問い合わせフォームからお願い致します。
オンラインストアはこちらからどうぞ。
Rehas leather【リハスレザー】ハンドメイド革小物

それでは、今日も良い1日をお過ごしくださいませ!

 / リハスレザー / 

革の新商品、IDカードホルダー発売中です

こんにちは、初めまして。
最近クリエイターズに仲間入りした、ライライと申します。
この度、にゃんこうめさんの業務、ブログ更新が二人体制になり、後輩の役目を仰せつかりました。
どうぞよろしくお願いします!

さて、今回はリハスレザーから新商品のIDカードホルダーをご紹介致します。
私は入社したばかりで革製品のことも勉強中ですが、革班の人たちは、ひとつひとつ製作に時間をかけ、丁寧に作業されています。

==================

裏ポケットにカードを収納できるIDカードホルダーです。
普段使いのカードを裏ポケットに入れて、さっとお出かけもできます。
取り外し可能なネックストラップ(別売)をつければ、定期入れにもなります。

○素材:ヌメ革
○サイズ:縦8cm×横11cm×厚み1cm

◯価格:3,000円(税別)
※紐は別売り1,000円(税別)です。

IDカードホルダー

==================

※天然皮革を使用している為、傷や色ムラ等御座います。
※写真と実際の商品につきまして、色味の差異がございます。ご了承ください。

*【名入れ、ロゴマーク】について
●何も指示や要望がなければ、指定の位置に <REHAS>のロゴが入ります。

●指定フォント、指定位置での名入れ(無料)
詳細は画像をご参照ください。
指定位置は別途ご相談させていただきます。

==================

【リハスレザーについて】
「障がい者が、障がいがあることが問題ではなく、障がい者が活躍できない社会こそが問題である」
これは、弊社創業者が強い憤りを感じた経験に基づく強い思いです。

リハスレザーは、障がいを持ったメンバーが、製品一つひとつを丁寧に創り上げています。
メンバーの障がいは、一人ひとりの個性です。
「障害があっても稼ぐ」を合言葉に自分の個性を生かしながら日々、制作に勤しんでいます。
私たちが作り出す「モノ」と「想い」と「モノガタリ」が、たくさんの人に届くことを切に願っています。

==================

早速、この商品を普段使いしているスタッフに感想を聞いてみました。

IDカードホルダー使用例

「裏ポケットにはタイムカードを入れています。首から下げているので、すぐピッとできます。革なので持つ喜びがあるし、周りと違うので特別感があります。紐は裏がトコになっていて、使い始め2〜3日はもけもけしたけど、今は取れて馴染んでいます。大変気に入っています」

==================

商品についてお問い合わせは、ホームページのお問い合わせフォームからお願い致します。

それでは、今日も良い1日をお過ごしくださいませ!


〜クリエイターズの作業風景から〜革製品編その②

こんにちは、にゃんこうめです。
とうとうというか、ついにというか冷蔵庫にカメラが付いたものが発売されましたね。買い忘れやすでに買ってある食材の二重購入を防いだりに使えて、便利そうです。ただ、奥に入っているものまで写せるわけでもなく、まだまだ改善の余地はありそうです。私的にはカメラよりも、買ったものが自動で冷蔵庫に登録されて、ついでに消費期限近くなったらお知らせしてくれれば最高なのですが・・・手動で登録でもいいので、どこかのメーカーの方製作お願いします(笑)

以前にクリエイターズで販売している革製品の作業風景の第一弾、革の切り出しまでをお送りしましたが、今回はその第二弾をお送りします。
切り出したものを今度はトコ処理というものをします。これは、革の床面(裏面)・コバ面(断面)を滑らかにする処理のことです。革はそのままの状態だと、床面・コバ面が毛羽立ちざらざらしています。この処理は、耐久性を良くするためであったり、見た目をよくするといったことのためにとても重要な作業です。
そしてこの作業で気をつけなければならないのは、処理のために使うボンドが、少しでも必要ない部分に付いてしまうと、シミになってしまい取り返しがつかないということです。

続いての工程はトコ処理・コバ処理された革に、糸を通し縫うための穴を開ける作業です。これはフォークのような工具を使って行うもので、穴あけの際には力加減がとても重要になってきます。強すぎて穴が大きすぎると、糸を通した時に穴が目立ってしまう。だからといって弱すぎると糸を通すのが難しくなってしまう。その上、穴の位置は均等になっていなければいけないので、始まりと終わりのことを考えて、どこ基準で穴を開け始めるか、革の重なった部分などにも気をつけてやらなければいけません。

どの作業においても経験がものを言うことが多く、毎日の積み重ねの上に成り立っていて、私も自分の作業において、日々の努力を今以上にしなければと感じました。

さて、今回は革製品の工程、トコ処理、コバ処理そして穴あけ作業までのお話をお伝えしました。この後の工程は縫製・仕上げと作業の紹介は途中ですが、今回はこの辺で。

1 / 212