/ お知らせ / 

金澤神社様にご注文いただきました!

こんにちは、にゃんこうめです。
皆さんはレコードで音楽を聴きますか?今やCDですら売れなくなった時代、音楽は全てデジタルデータなんて方も多いと思います。そんな中私は先日、友人に連れられてレコード市なるものに出かけました。そこにはたくさんのレコードが箱に詰められて、真剣にそれを選ぶ人たちでいっぱいでした。久しぶりに見るレコード。その大きさ、その存在感に心が動かされました。聴きたいとも思いましたし、それと同時に飾ってみたい。とも思いました。その古いジャケットたちはとても魅力的なデザインで、私の所有欲を掻き立たせました。趣味の一つとして、レコード収集もいいなぁと思った日でした。皆さんもレコード、手にとってみませんか?

さて今回は、先日お取り引きいただきました、金澤神社様のお話です。
神社への参拝は明治以前は決められた日に城下の婦子だけが参拝を許されていたそうで、一般の人々が自由に神社を参拝できるようになったのは明治7年からで、兼六園も明治4年からの一般開放だそうで、今回初めて知り勉強になりました。

私は金澤神社様の天井画がとても気になっています。災難を払ってくれる龍の絵で顔は黒豹がモチーフだそうで、他では見られないデザインで実際にまだ見たことがないのですが、ぜひ見に行ってみたいと思わせる迫力あるものです。


今回は能登ヒバチップをご購入していただきました。こちらは合格祈願の御祈祷のお下がりとしてのご利用ということで、小ぶりで渡しやすく今までにないもので面白くていいものだと、ご好評をいただきました。能登ヒバのチップの香りにはリラックス効果もあるとのことで、これを筆入れなどに入れたり、身近に置いて香りに癒されていただいて尚且つ合格していただけたら私たちもそれほど嬉しいことはありません!

こうして私たちが作ったものを様々な場所に置いていただけて、私たちの夢や世界が広がっていくことにとても喜びを覚え、これからも丹精込めて商品作りに励みたいと思います。

 / お知らせ / 

〜クリエイターズの作業風景から〜革製品編その③

こんにちは、にゃんこうめです。
今日はあるニュースが気になったのでそのお話を。
ある企業の技術者がAIを作ったのですが、そのAIに意識があり、感情が生まれたというものです。このお話、どこまでの信憑性があるのかわかりませんが、ついにここまで来たかと思いました。まさに映画やアニメの世界が現実のものになろうとしている。これが発展し、究極ロボットに心が備わったなら、自分たちの暮らしも大きく変わることになるのでしょうか。昔アイボという犬型のロボットがいましたが、さらに進化して気持ちを喋るようになって・・今日は散歩は面倒だからいいわぁ・・とかいうようになったりして(笑)

以前クリエイターズで販売している革製品の作業風景の第一弾第二弾をお送りしましたが、今回は最終回第三弾です。
第三弾の今回は縫製・仕上げです。

縫製の行程で使うのは、普通の布用より太めの針と、麻糸です。
前の行程で開けた穴はひし形になっていて、その穴に合わせて糸を引く方向や力加減を調整し、ステッチにムラができないよう気をつけて作業しているそうです。

最後に仕上げの行程に入ります。ネームタグやフック(留め具、ボタンの形状のもの)、刻印などです。この行程は修正がきかず、基本一発勝負となります。フックを付ける際の穴あけは、仕上がりに関わります。大変緊張する作業です。

リハスレザーでは、ブランドロゴの刻印があるのですが、そのロゴの刻印も大変難しく何度も練習してから商品への刻印に取り組むそうです。

取材を通して、革班の方々の仕事に向かう姿勢の真摯さを感じました。
三回に分けて革製品が出来上がるまでをお届けしました。いかがでしたでしょうか?

リハスレザーは、当事業所で扱っている他の商品に比べると高価です。商品展開も始まったばかりで、まだまだ育てている途中といった感じですかね。
それでも、刻印まで終わった商品を拝見して、確かにいい!と思いました。

この記事をきっかけに、リハスレザーの商品に興味を持っていただけたらうれしいです。

 / お知らせ / 

カルチャーマップを製作しました!

こんにちは、にゃんこうめです。
何十年かぶりに、石川県内に多分唯一と思われる遊園地、手取フィッシュランドへ行ってきました。昔行ったのは確か・・・小学生だったか。久しぶりに行ったのに、一つ一つをよく覚えていることといったら。タコの乗り物に、ゴーカート、観覧車にお化け屋敷。どれも遠い遠い記憶のはずなのに鮮やかに蘇りました。お化け屋敷なんて子供だった当時は泣き叫んでいましたが、大人になってからもさすがに泣き叫びはしませんでしたが、ビビリまくりでした笑 これは・・・今でも一人では入れませんね。腰が抜けそうでした笑

今日はカルチャーマップなるものを製作したのでそのご紹介です。
カルチャーマップ」とは様々な考え、感じ方の人々が働きやすい職場を目指すことを目的に、それをわかりやすく、イラストを交え説明したものです。

私は、このカルチャーマップを冊子にする作業に携わりました。

こういったものを作るのは全く初めてというわけではなかったのですが、今回は何故かミスがミスを呼び、苦労の連続でした。初歩的なものばかりでしたが、今回のミスでわかったことを今後の作業に生かすべく様々な取り決めをする提案が出来て、良かった部分もありました。失敗は成功の元、ではないですが、失敗しないと見えてこないこともありますね。

私も作成後に読んでみましたが、とてもためになる内容でした。
私が気になったページは「カオスに飛び込め」というところでしょうか。巻き込み、巻き込まれることは以外と楽しい。カオスな状況でも、みんなで力を合わせて解決していくのが、チームや会社としての理想の形かと思います。

仕事にやりがいや生きがいを見出す。当たり前かもしれませんが、実際なかなか難しいのではないでしょうか。
私は働く上でこう思いながら働いています。どんな仕事でも、どんな作業でも、そこに「楽しみ」を見つけること。楽しくない仕事だってもちろんあります。ですがその中に何か、些細なことでいいのですが、楽しみを見つけるとその仕事に対するモチベーションが大きく変わります。
例えば、単純作業ならどれだけ多くそれをこなせるか。スピードアップを図れるか。などなど、挙げればきりがありませんが、皆さんもいやだなぁと思う仕事ほど、そこに楽しみを見出すようにしてみると気持ちが軽くなるかもしれませんね。

 / お知らせ / 

トランスアクト様にご注文いただきました!

こんにちは、にゃんこうめです。
私は機械ものを触るのが好きで、車のオーディオやカーナビ、バックカメラからメーター増設まで、機械ものならちょっとした修理なども自分でやります。ただ、時々問題が起こるのです。それは・・・最後にネジが一本余ること笑 いや、これはバラバラにした手順をだいたい覚えていて、組み直す時にはもちろん逆に戻すだけなんですが、何故か最後にネジが余る笑 で、もう一度バラして組み直すと更にもう二本余ったり、逆に一本も余らなかったり笑
私はつくづく思います。好きだからといって整備士にならなくて良かったなって笑
あ、断っておきますが仕事ではしっかりやっています。手順を写真に撮ったり、ネジをケースに入れて整理したり。あくまで趣味なんでちょっと適当なだけです笑


さて、今回はトランスアクト様にご注文いただきましたので、そのお話を。
大切な方に安心・信頼して職務に専念していただけるよう、資質の高い優れた人材のご紹介と環境づくりをご提供しているとのことで、主に役員運転手派遣・プロドライバー派遣業をされている企業です。
私も今までの車はほとんどマニュアルを乗るくらいですから、運転は好きなのですが、正直上手くはなく、いつもこういったプロドライバーの方々の運転を見ていますと、なんというかとても「優雅」です。ウインカーの出し方しかり、ブレーキの踏み方、止まり方。運転中に見とれてはいけませんが笑 つい、見入ってしまいますね。私もそういうプロドライバーの運転の真似をして日々運転しています。
プロドライバーのお話ばかりになってしまいましたが、その他には社長秘書派遣・レセプショニスト派遣業もされていて、おもてなしの心を持った素晴らしい人材が揃っていて業務が捗ること間違いなしです!

今回そのトランスアクト様には木のしおりをご購入いただきました。ご購入していただいた理由として、トランスアクト様は積極的にSDGsに取り組んでおり、クリエイターズの木の製品が自社のイメージアップにも有益になると思われたからだそうで、その上、能登ヒバの香りを大変気に入っていただいたということで、今回のご注文となりました。

木のしおりのご利用方法としては、自社の考えを知ってもらうために、社員の方に配ったり、お客様にノベルティとしてお配りするそうです。

日本トレンドリサーチ実施のアンケート調査で、エグゼクティブ層向け人材派遣会社No.1獲得と三冠を達成された素晴らしい企業様から、ご注文いただき私たちも大変光栄に思い、今回も誇りを持って製作させていただきました。この度はご注文ありがとうございました。

株式会社トランスアクト https://transact.co.jp/

 / お知らせ / 

石川トヨペットカローラ様とコラボさせていただきました!

こんにちは、にゃんこうめです。
先日、あるテレビ番組を見ていたら、写経を行う方々を追ったドキュメンタリーをやっていました。私は写経や座禅、四国のお遍路などに興味があり、その番組をとても興味深く見ていました。お釈迦様の教えを広めるために始まった写経も、現代では気持ちを落ち着けるためにおこなう方が多く、一つのことに集中する時間を持ちその間は「無」となれる。私は発達障害のせいか、思考が止まることはあまり無いので、写経を行えば頭を休めることができるのでは?と期待しています。石川でも何ヶ所か写経が体験できる寺院があるようですので、皆さんも体験してみてはいかがでしょうか。

さて今回は石川トヨペットカローラ様に私たちの商品、能登ヒバチップをご注文いただきましたので、そのお話をしたいと思います!
石川トヨペットカローラ様では、今まで福祉車両を扱う店舗ウェルキャブ金沢店として、2017年から営業してこられましたが、この度令和4年7月16日に金沢市元町にて店舗名も「モビリティパーク金沢」としてリニューアルオープンすることとなりました。県内に点在するウェルキャブステーションを一ヶ所に集約して、よりパワーアップしてきめ細やかな配慮でお客様をお迎えし、専任のスタッフが商談・車両販売にも対応するとのことで、今まで以上に頼りになること間違いなしですね!
それに伴い、私たちの能登ヒバチップを使っていただけるということで、多くの作業所の中からクリエイターズを選んでいただいたこと、新たな門出をこういった形でお手伝いできることは、大変光栄に思います!
Mobility For All(すべての人に移動の自由を)」という言葉を掲げ、実に多くの車種、仕様を展開しているウェルキャブシリーズ。健常、障がいに関わらず、誰もが幸せになれる世の中をと言う考え方は私たちも賛同し、目指すところです。
どのような境遇にあっても大切な一人の人であることに変わりはありません。全ての人が笑顔で過ごせる世の中が来ることを願います。


新商品メモ帳が完成しました!

こんにちは、にゃんこうめです。
さて今日は発達障がいあるあるかなという話題を一つ。
例えば誰かとお話をしていて、話してるそばから自分でどんな話しをしていたか忘れてしまうというものです。その日の体調などによっては、かなり忘れてしまいます。もう一つ困ったことに、お話をしてもらっている内容も忘れていってしまうことも重なったりもします。これを防ぐために、可能ならば、会話する時はメモをとるようにしています。喋りに合わせてメモを取ると、自分でも読めない文字を書いてたりしますが笑 それでも、「書いた」ということと記憶が結びつくのか、案外頭の中に言葉たちが残っているものです。メモを取れない場面ではその応用で、頭の中で紙にペンで書くようなイメージでメモを取ると、これもまた記憶に留めておくことができている気がします。イメージするというのは私の場合とても有効なようです。

さて今回は、新商品のメモ帳が完成しましたので、そのご紹介です!
今のところラインナップとして5種類をご用意しました。
左から能登・水引・金沢・加賀野菜・兼六園となっています。
能登は、宇宙人がいて塩田や千枚田などコミカルでかわいらしい印象ですね。
水引は、金沢をイメージしたアイテムを、これまたかわいらしい絵柄でまとめてますね。
金沢も、同じく金沢らしさのあるものを、すっきりと描きました。
加賀野菜は、金沢市周辺で主に栽培される15種類の伝統野菜のことを指します。それらをディフォルメして散りばめています。
そして兼六園。言わずと知れた、石川が誇る日本三名園の一つを、利用者の方の絵を使い作成しました。

ラインナップは今後もいくつか増える予定ですのでお楽しみに!
価格は税込440円(予定)と、お手に取りやすい価格となっています。
サイズ的にも大きすぎず小さすぎず、かわいい相棒として活躍してくれることと思います。
尚、表紙のデザインはご注文いただければ、オリジナルのものにも変更できますので、気になった方は弊社までご連絡ください。

この商品も開発からデザイン、製作まで全てを障がいのある仲間たちで行っています。
一つ一つ、心を込めて丁寧に作成しています。どうか私たちの心も届きますように。

 / お知らせ, 日々のこと / 

クリエイターズのカタログができました!!

こんにちは、にゃんこうめです。最近私はあるSNSにハマっています。一言何かをつぶやいたり、自分で撮った写真を載せたりするものです。古くからこの形式はありますが、私のやっているものはここ数年でできたものらしく、まだそれほどやっている方は多くない印象です。
音声でのやり取りもできるので、私はここで同じ発達障害や、双極性障害について話し合える場を作り頻繁に語り合っています。最近は自分で部屋を立ち上げ、同じ悩みを持つ方の悩みを一緒に考えて共感したり多少解決に導けることもあります。ただ勉強したわけではないので、今までの経験則でお話しします。話すことは自らを省みることでもあります。気がつかなかった自分の一面を知ることも多く、とても有意義な時間となっています。
皆さんもSNSを活用して同じ悩みを持つ方々のお話しを聞いてみてはいかがでしょうか?

さて今回は、クリエイターズの総合カタログ完成のお知らせです!
このカタログには、クリエイターズで取り扱う商品の全てが載っています。

私もカタログ製作に途中から携わりましたが、デザインの基礎知識などはあまり勉強してきていないので、苦労の連続でした。色のバランスに始まり、どうすれば見やすいか、文字の大きさは適切か、画像の色味は現物と相違ないかなど、考える部分は次から次へと出てきて、慣れていない私にはとても難しい作業でしたが、皆さんのご指導もあり、なんとか完成することができました。
作り終えた時、大きな達成感があり、スキルも上達して、任せてくださった職員の方々に感謝しています。

しかし、こういったデザインというものは生活の中に溶け込んでいて、たまに、おっ、と目を引くものには注目しますが、何気ないスーパーのチラシでも、どういう色使いをすれば目を引くかとか、書く方向などもよく考えられているんですよね。そしてまた、他と同じでは目を引くことはできない。いかに独自性が出せるかが求められる世界ということはわかっていますが、私もまだまだ勉強が足りませんね、これからも学び続けたいと思います。

内容は能登ヒバ製のハガキに始まり、しおり、そしてレザー商品もあります。レザー商品は染め色見本も載ってます。その他にはオリジナルノベルティーグッズ、マンデーズのことものせてあり、盛りだくさんな内容となっています!
もしカタログをみたい!という方がおられましたら、クリエイターズまでご連絡いただければ郵送、またお近くの方はお持ちいたしますので、気になった方はぜひ!!
また、クリエイターズのホームページでも同じものが見られますので併せてよろしくお願いします。

 / お知らせ / 

あの大企業とコラボさせて頂きました!!

どうもにゃんこうめです。
実は私は一般就労をしていた20年以上前、私の勤めていた企業もコマニー様と同じような商材を扱っており、コマニー様のお名前はすでに知っていました。あれからさらに数年、まさかあのコマニー様とお仕事をさせていただける機会が来るとは、感慨深いものがあります。

さて、4月26日〜28日に東京ビッグサイトで行われています、オルガテック東京というオフィス家具の一大イベントへコマニー株式会社様が出店することになりました。コマニー様は木材というものを大切にしたいという思いがあり、私たちクリエイターズの木材を使った商品、障害者が働くという所に共感していただき、SDGsの観点からも、私たちクリエイターズの能登ヒバチップ・しおりを使ってくださるということになりました。

デザインはコマニー様より持参していただき、合計三種類のしおりとチップを製作しました。
どれも素敵なデザインで私たちとしても大変参考になりました。

クリエイターズでも、このような形で大きなイベントに関わらせていただき、またコマニー様に商品を使っていただけたことに、改めてこの場ではありますが、謝意をお伝えしたいと思います。

1 / 1812345...10...最後 »