/ イベント, お知らせ / 

2018年6月9日農業と福祉と地域の連携マルシェ開催しました!

icatch

北陸地方も梅雨入りしましたね。湿気に負けそうなクリエイターズのH(2号)です。

昨年も開催しておりました農業と福祉と地域の連携マルシェの第一弾が先日、2018年6月9日(土)に開催されました。
今回は新しい事業所様も増え、ケーキやサーターアンダギーの試食が美味しかったです。

他にも自然栽培の野菜やハーブティー、米粉ドーナツなどを販売しました。

台風接近の不安な天候の中、時折雨がぱらついたり、強風で商品が飛ばされるハプニングもありましたが、無事(?)開催されてホッとしています。

海外の方にも商品に興味を持っていただけたようで、ハーブティーや木の商品を買っていただけました。ありがとうございます。
「参加したかった」と思っている皆さまへ、「農業と福祉と地域の連携マルシェ」は今年も月一回のペースで開催していきます。
もちろん、来月7月にも開催を予定しております。具体的な日程はまだ未定ですが、決定次第このブログかfacebook等でお知らせしますので、こうご期待ください!


「障がいがあっても稼ぐ」仕組みをつくるアートディレクター募集!

recruit_creators

このたびは、クリエイターズにて「障がいがあっても稼ぐ」仕組みを一緒に作っていくアートディレクターの募集をお知らせします。

最後まで、お読みになり、
クリエイターズでの仕事に魅力とやりがいを
感じていただけたら
ぜひご応募ください。

株式会社クリエイターズとは?


金沢QOL支援センターの子会社として、2014年から精神疾患や発達障害、身体障害を抱える人たちの就労支援事業を展開しております。
石川県の県木である「能登ヒバ」を使った葉書やしおり、シールなどを商品化するデザイン事業を主軸とし、そのほかに

・清掃事業
・飲食事業
・農福連携事業

など、様々な事業にチャレンジしてきました。
私たちの合言葉は
「障害があっても稼ぐ!」

障害者の方には、その人それぞれの強みがあります。
私たちはその強みを最大限に活かしていただけるような支援を行い、障害者の方に「社会への価値=みんなの幸せ」につながる「モノづくり」「コトづくり」をしていただきます。
障害者の方々が自立した生活を送るために必要な賃金を自分たちで稼げるように、日々試行錯誤を続けています。

そして、私たちは

「傍楽」

という精神を大事にしています。

働くことは、「傍(はた)」を「楽(らく)」にすること。

自分が「はたらく」ことで、周囲の人を楽にしたい
「はたらく」ことが「楽しい」

この事業所にかかわる全ての人が、そんな想いを胸に、「はたらくこと」や「生きること」の意味を見つけ、感じていただけることを目指しています。

なぜやるのか


社会には、身体・精神・知的・発達・様々な障がいをもった方々がいますが、中には働きたくても働くことが難しい方々もたくさんいます。
しかし、そうした方々も見方を変えればとても強みとなる部分を持っています。障がい者も1人の人として捉え、皆ができることを生かしながら戦力として働いて頂きたいと強く願います。

これからの社会では、障がい者も子どももお年寄りも、学生も、大人も、皆がそれぞれに支え合い、その人らしく生きることができる地域社会創りが必要です。
地域が福祉を必要と心から願い、福祉が地域を支える、そんな地域創りを目指します。

どうやっているのか

株式会社クリエイターズは医療/福祉の専門職です。作業療法士や看護師が中心となって障がい者のメンタルや身体面をサポートします。
デザイン事業では、プロのデザイナーの方に入っていただき、技術面をサポートしていただきながら、障がい者の「はたらく」を支援します。

今、わたしたちが最も力を入れていきたいことは、能登ヒバ商品の更なるブランディングや販路拡大です。

能登ヒバの香りはストレスを和らげ、気持ちをリラックスさせる効果があります。さらには、この香りに防虫効果もあり、その用途は様々です。

これまでも、PRや販路拡大に取り組み、金沢の観光地やギフトショップなど、各所で自社商品をお取り扱いいただいております。日々の努力のかいがあり、やっと、ここまできました。

今後は、障がい者の皆さんの賃金を上げるために、現在の倍近くの収益を目指しています。

私たちクリエイターズは、高い目標に向かってアツい想いをもってはたらくスタッフ、ご利用者様がたくさんいる職場です。
これまで障がい者の方と接したことがない方も、きっと、福祉の知識がないからこそ、新たな発見や気づきがある毎日になることでしょう。

こんなことやります

我々が目指すこと、そして障害者就労支援A型事業所が今後求められることは「障がいがあっても稼ぐ」の実現です。障がいをお持ちのご利用者様にデザイン指導をしていただきながら、自社商品の新たな販路開拓、ブランディング戦略を共に考えていただける「アートディレクター(プロデューサー)」を募集しています。

・新しいことに挑戦する、できる方
・素直で向上心とバイタリティーのある方
・アイデアを考えるのが好きな方
・夢を持っている方
・コミュニケーション能力に自信がある方
・何事にも諦めない心を持っている方
・壁にぶつかっても乗り越える根性とやる気がある方

ぜひ、私たちと一緒に「障がいがあっても稼ぐ」事業所をつくりませんか?

募集要項

募集情報
探している人 アートディレクター
採用形態 中途採用
募集の特徴 Skypeで話を聞ける
会社情報
創業者 岩下琢也
設立年月 2014年1月
社員数 障がい者 25名
スタッフ 6名

お問い合わせはコチラ

お問い合わせ

 / お知らせ /  ,

能登九十九湾「百楽荘」様のオリジナルデザインはがき・しおりを制作いたしました!

icatch_hyakuraku

こんにちは、みなさまは連休どこかへおでかけされましたか?
クリエイターズは通常営業真っ最中。遠くへ行きたいH(2号)です。

この度、能登九十九湾「百楽荘」様にて、限定デザインのハガキとしおりを販売する事になりました。

能登九十九湾「百楽荘」とは

いくつもの入り江が複雑に連なり、まるで箱庭のように美しくおだやかな表情を見せる九十九湾。
能登・百楽荘は、この日本百景のひとつ九十九湾にあり、どこか懐かしさを感じるやすらぎの宿です。
春夏秋冬、刻一刻と移ろうゆたかな自然は、いつの時代も訪れる人を優しく迎え、能登の旅を深く心に刻み付けます。

その「百楽荘」様に置いていただくオリジナルデザインのハガキとしおりをご案内いたします。

 

百楽荘オリジナルデザインはがき

百楽荘オリジナルデザインはがき

百楽荘オリジナルデザインしおり

百楽荘オリジナルデザインしおり

 

各3パターンのデザイン展開となっており、そのデザインひとつひとつに込められた「想い」をここで紹介したいと思います。

地図のデザイン

百楽荘様は九十九湾とその自然も抱き込んだようなつくりになっており、そのロケーションを活かした百の楽しみがあります。
それを表現したく、ハガキ全体を地図にし楽しいイラストを散りばめました。
楽しい思い出となるようなものを、またハガキを受け取った方もそれを感じとっていただけるようにとの想いをこめました。

名物のデザイン

地図デザインのものと同じく、百楽荘様の思い出として喜んで頂けるようにということと、プラス能登についてのイラストも入れることで差をつけました。
百楽荘様のロゴにもなっている赤をポイントカラーに明るいイラストにしました。

祭りのデザイン

能登の代表的なお祭りをイラストにしました。
百楽荘様の思い出と共に、能登の思い出もはがきを見て思い出していただけるよう、また、能登のアピールにもなるようなはがきにしました。

夏のご旅行や、九十九湾に寄られた際の思い出の一枚としていかがでしょうか?

ちなみに私2号は、一度九十九湾に行きましたが、海がとても綺麗な所で、能登観光にもってこいの場所でした。
みなさまもこの夏やお休みの時のご旅行のプランに、九十九湾も含めた能登めぐりも楽しいと思いますよ。

また、オリジナルデザインの製品についてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください♪サンプルもお送りできます。

無料サンプルお送りします2

 / お知らせ /  ,

小矢部川サービスエリアで取り扱い開始になりました!

ooyabe

桜が満開になり、花見にもってこいの季節になりましたが、花見もいいけど団子もね。なクリエイターズのH(2号)です。
先日、サービスエリアの商談会があり、そこでご縁があった、北陸道上り小矢部川サービスエリア(米原、小浜方面)に富山デザインの能登ヒバはがきとしおりを販売していただけることになりました!ヤッタネ!!(v゚ー゚)ハ(゚▽゚v)ィェーィ♪

IMG_1002

IMG_0999

以前より、JR富山駅、JR福井駅でも能登ヒバのはがきとしおりが販売されておりましたが、ついにサービスエリアにもクリエイターズ、進出です!
サービスエリアのご担当者様より「しおりもはがきも想像以上に良く売れています」との嬉しいお言葉をいただきました。(*゚∀゚)=3 ムッハー
これからGWなど、春の行楽シーズン到来、高速道路を使っておでかけの際は是非小矢部川サービスエリアへ立ち寄って手に取ってみてくださいね。

私H(2号)のおすすめは、チューリップ祭り→世界一綺麗なスタバ→小矢部川サービスエリアへ寄るルートです(“´∀`)bグッ!

1 / 2212345...1020...最後 »