/ お知らせ, 日々のこと / 

リハスレザーのブレスレットが発売されました!

こんにちは、にゃんこうめです。
大きな余震は減ってきてはいますが、それでも体感できるものは日に何度かあり、まだまだ日常が戻る日が訪れるのは先だなと考える今日この頃、家族や様々な人との繋がりについても改めて考えることが増えました。先の見えない日々が続く中なので、一日一日をただ漫然と過ごすのではなく、今を大切に生きる、今を精一杯生きることが大切なのだと考えながら過ごしています。

さて、二月といえば、私は豆まきで鬼の役をやらされるので、そのイメージしかないのですが笑その他では、バレンタインデーでもありますね!バレンタインといえば、チョコを贈るのが一般的ですが、それに添えて、本革製のブレスレットを送る・・なんてのはいかがでしょうか?
内側にご自分で、二人で選んだ想いの言葉を描いて、大好きなあの人へ、大切なあの人へ。
ブレスレットには「永遠」という意味もあるそうですから、同じブレスレットをつければより一層二人の絆は強まるかもしれませんね。

お仕事柄、指輪をつけることができない方でも、ずっと付けていられますし、存在感もありますので、相手の方をいつも身近に感じられますね。
また最近はバレンタインに自分へのご褒美として、お菓子などを購入する方も多いそうなので、ご褒美としてのご購入もオススメです!

さて商品の詳細ですが、レッド、イエロー、ブラウン(2 種)の中から、 お好みのカラーをお選びいただけます。

幅も 3 種類ご用意しておりますので、幅 3.5 センチのボリューム感を 楽しむも良し、幅 1.2 センチ、1.5 センチのスリムラインで上品な装いを 演出するも良しです。上質な国産ヌメ革を使用しております。

真鍮のボタンで留めるタイプで、表情を変えて楽しむこともできます。 おしゃれなフォントで刻印が施されたもの、リハスレザーオリジナル ロゴの刻印など、周りと差をつけたスタイリングが可能です。 詳しくは https://creators.me まで!

 / お知らせ / 

かなざわ動物園・ZOOショップエルザ様よりご注文頂きました!!

おはようございます、こんにちは、こんばんは。
にゃんこうめです。ブログの更新が月一となったので、文章を書く刻が減り少し寂しく感じてしまう今日この頃です。個人的にSNSをやっているので、そこでは今までつぶやき程度にしか書いていませんでしたが、これからは少し長文を書いてみようかなぁと思います。
文章って、書き出すまでは大変ですが、いざ書き出すとこう、ザーッと書けるんです。なので私の場合はあまり組み立ててしっかりした骨組みがあって書いてる訳ではないので、読みにくい所も多々あるかと思いますが、そこは「個性」として大目に見て頂ければ幸いです(汗

さて今回はZOOショップエルザ様からメモ帳の作成のご依頼があり、可愛い7種類のものが出来上がりました。商品のデザインについては、大体はこちらで作成したものをお渡しして、気に入って頂いたものを採用するというような流れなのですが、エルザ様は元々オリジナル商品を手掛けており、自社でデザインもされておりそちらを持ち込まれての制作となりました。どれも大変可愛らしいデザインで私もメモ帳を作成しながら眺めていてほっこりしていました。

実は3月に雪豹の赤ちゃんが生まれ、馴致(じゅんち)の開始が9月9日(土)からとなっています。
さてここでまめ知識です。馴致(じゅんち)とはなんぞや?文字から何となく想像された方もいるかもしれませんが、「なれさせること。なじむようにすること。また、次第にある状態に到達すること。」だそうです。少しずつ人目に慣れさせていくというそういう時間がある事も今回初めて知りました。ちょっぴり勉強になりましたね(笑

そして、10月22日とうとうユキヒョウの赤ちゃんの愛称が決定しました!園内やSNSで投票を呼びかけ、4つの候補の中から2万6000票余りが投票されました。 最も多かったのは、母親「ジーマ」の故郷・ドイツの言葉で「空」を意味する「ヒメル」でした!

ヒメルと母親のジーマには、しばらくの間、木曜日、土曜日、日曜日の9時ごろ~15時ごろまでに屋外展示場に行けば会えます。
私も近いうちにヒメルに会いにいしかわ動物園に行こうと思ってます!

さてメモ帳のデザインですが、そのユキヒョウ親子筆頭にユキヒョウ、ホワイトタイガー、オランウータン、レッサーパンダ、ライオン、トラとやっぱりどれも可愛いですね。
私の中での一押しはやはり、ユキヒョウの顔のアップのですね。こちらを見つめるブルーの瞳にクラクラしてしまいます笑

これもまたまめ知識ですが、ユキヒョウの赤ちゃんのときは瞳はブルーで、徐々に色が変化していくそうです。猫なんかもそうですね。もし青い瞳の時に見れた人はとってもラッキーかもですね。

このメモ帳達はいしかわ動物園内のショップ「エルザ」で販売しております。いしかわ動物園へ行かれた際には是非エルザにもお立ち寄り頂いて商品を手に取っていただいて、中身も様々なデザインが施されておりますので、見てみてくださいね!そして気に入りましたらご購入よろしくお願いします!

 / お知らせ / 

株式会社リハスのロゴを弊社デザイナーがデザインさせていただきました!

こんにちは、ライライです。
実は1ヶ月ほどお休みをもらって東京に行く予定でしたが、予定が白紙になり今日もクリエイターズで働いております。
最近やりがいのあるお仕事をさせていただく機会が多く休みたくなかったので、東京行きがなくなってちょっぴりホッとしてもいます(笑)

さてさて、クリエイターズのグループ会社が社名変更しました。
金沢QOL支援センター株式会社から、株式会社リハスとなります。

それに伴い、ロゴを変更いたしました。
そして、新しいロゴを弊社デザイナーがデザインいたしました!
簡単に新ロゴについてご説明いたします。

株式会社リハス新ロゴ コンセプト・ストーリー

「re」(再び)を強調したロゴです。
「re」の持つ「再び」「繰り返し」を端的に記号化した「〃(同じ)」をマークとして使⽤。
英語圏では「”(ditto mark)」として同様に使⽤するので、同様のイメージが伝わります。
また、ブランドメッセージにもある「障がい」をなくすしごと」を表現するべく、フォントの「ー(⽔平線)」を同じ⾼さにして「ボーダーレス」というメッセージも込めました。
CMYKのバランスは、M=88 Y=88と縁起のいい末広がりの八がゾロ目になっており、隠しコマンドのような遊び心があります。

また、新しいロゴのデザインについて、担当デザイナーのNさん(仮名)にインタビューいたしましたので、どうぞご覧くださいませ。

Nさんインタビュー

インタビュー前に新ロゴの入った社員証ストラップが届き、サンプルを職員がつけていました。
それに気づいたNさん、ちょっぴり興奮気味に新しいロゴについて色々と語ってくださいました。

Nさん(以下N):このロゴ、見栄えしますねえ!
スタッフ:いいですよね。ディットマークってシンプルすぎるかと思ったけど。
ライライ(以下R):ディットマークって言うんですね、これ。

N:そう、ちょんちょんって書いて、ディットと言います。
R:英語で、単語を囲ったりするやつですね。
N:(ロゴを制作するのに)検索していたら、たまたま見つけたんです。
ディットマークと日本語の同じ(〃)で、意味も同じなんですよ。
R:へえ!知りませんでした。

N:ロゴの制作にあたって、メーカーのロゴもたくさんググったのですが、大きな企業はシンプルなロゴ、小さな、例えば街のケーキ屋さんのロゴは複雑でもいいみたいで。
リハスはこれから大きな企業になっていくと思ったので、シンプルなロゴを心がけました。

N:それから、グローバルな企業になるかもしれないので、英語でも日本語でも意味があるのは良いと思ったのもあります。

R:なるほど。リハスが大きな会社になっていく可能性があると。そうなってほしいですね。

N:色については、私じゃなくて別のデザイナーさんが考案された8のゾロ目案が採用されました。
私はユニバーサルデザインカラー(視覚障がい者にも見やすい色)の赤を提案させていただいたのですが、出力してみると若干オレンジ色味を帯びていて。
おそらく、視覚障がい者さんにはそちらの方が見やすいのでしょうが、採用になったゾロ目の赤とほとんど変わらないので、障がい者さんにとっても視認性の良いロゴになっていると思います。

R:見ていて元気の出る色だと思います。

N:REHASの文字については、初めは既存のフォントを配置していたのですが、ふと、昔名前を横棒を引いてから書いていた遊びを思い出して。

R:私も昔やっていました!懐かしい!あそこから思いついたんですね。

N:はい。棒にボーダレスをかけているみたいな。
でも、制作は大変でした。
間に入っている横棒(ボーダー)を、フォントのアウトライン化(分解)後に揃えていたのですが、上の人に見せて、フォントが変更になるたびやり直していて…もうお腹いっぱいです(笑)

R:それは大変そう。お疲れ様です(笑)

N:でも、職場に岩下さん(株式会社リハスの偉い人)が来られたことがあって。そのとき、「素晴らしいロゴを作ってくれてありがとう。これからこのロゴがいろんなところで使われるようになります」と言ってくださって、そのときは本当に嬉しかったし、身が引き締まる思いがしました。
こうしてストラップという形になっているのを見るのも本当に嬉しいです。
もし、もっと体調が良くなって将来一般で働けるようになったら、「私が株式会社リハスのロゴをデザインしました!」って胸を張って言いたいです。

R:ありがとうございます。では、以上でインタビューを終えますね。

Nさん、ありがとうございました。最初にインタビューしたときに比べてお元気になられて、本当に良かったです!
これからもご活躍くださいね!


  • Nさん略歴
    一般企業で働いていたとき、京都デザイン賞受賞歴あり

おわりに

最近、デザイナーさんが固まって働いているあたりに混ざって仕事していたのですが、ロゴに関しては色々あってNさんも大変そうでした。
このブログ記事がアップされる頃には、修正も終わって立派なロゴがあちこちに発表されている、と信じたいです。

それでは、今日も良い1日をお過ごしくださいませ!

 / お知らせ, 日々のこと / 

名古屋、八事山 興正寺様からご注文いただきました!

こんにちはにゃんこうめです。
今回ご注文いただいた興正寺様は真言宗ということを聞いて、四国のお遍路を思い出しました。かくいう私も20代の後半にお遍路さんへ行かせていただきました。全行程1400キロ、108のお寺を巡るという、とてつもない長旅で、一ヶ月もかかりましたが、多くの方々のお力添えで結願(けちがん、すべてのお寺を回りきる事をこういいます)できました。何度かに分けて回っても問題ありませんので、お時間、興味のある方は是非。人生観が全く変わりますよ。

さて今回は名古屋にある八事山興正寺様からご注文いただいた、散華形のしおりについてお話しします。
「散華(さんげ)とは、華(花)を散布することで、 仏教では仏を供養するために 華 はな を散布するそうです。元々は生花が使われましたが、いつからか蓮の形をかたどった色紙が代用されるようになりました。」
我々の元々あるしおり商品は、縦長のごく一般的な形ですが、今回はお客様のご要望で散華形のしおりを製作する事となりました。普通のしおりは利用者が手作業で切って製作しており、今回はデザインがとても凝っていて、手作業での製作が困難なため、レーザー切断機を使っての製作となりました。

私もせいを初めて見たときに、とっても素敵で、手元に是非欲しいなぁと思い、最近あまり本を読まない私もこのしおりのために本を買おうかと思ったくらいです笑
皆様も八事山興正寺にお参りの際には是非このしおりをご覧いただき、お気に召しましたらご購入いただけましたら幸いです。

今回のように特殊な形などのしおりやはがきなどの制作も賜っておりますので、うちでも・・・と思われた方がいらっしゃいましたら、是非お気軽にお問い合わせくださいね。出来る限りご希望に添えるものをお作り出来るよう精魂込めて制作致します。

私は普段からよくお寺にお参りします。心が疲れた時などは特にです。興正寺のご住職、西部法照様も言っておられます。「お寺は、ほっと一息つける安らぎと温もりを感じられる空間である。」と。
静かな境内をゆっくり歩くき、お庭や建造物、仏様を眺めているとご住職の言われる通り心がとても落ち着きます。
みなさんも是非お寺にお参りしてみてくださいね。なにか感じるものがあると思いますよ。


いしかわ百万石文化祭のノベルティが完成しました!!

こんにちはにゃんこうめです。今までの人生で夜寝るときはエアコンはつけない!と心に決めて氷枕だったり、扇風機だけでやり過ごしていた夏ですが、さすがに今年の暑さには負けてしまいました。寄る年波・・というのもありますが・・。ですが温度設定は決まって28度に固定です。これは断固曲げる気はありませんよ!と、誰にも聞かれていませんが宣言してみる・・。
皆さんも我慢せず、適度にエアコンは使っていきましょうね。

さて今回は森林組合様からいしかわ百万石文化祭で配布するノベルティ、オリジナル扇子のご注文をいただきました。この商品デザインは元々先方からデザインはいただいていて、大まかなことはすぐに決まりましたが、予算や材質、形状などクリアするべき課題が多く試行錯誤の連続でした。
素材ではいつも使っているプリンターに材料が通らない、通るが割れたり曲がってしまうなど、一筋縄ではいかず、数ヶ月を要しました。
また、注文ロット数も千を超える物でしたので、果たしてウチで期待に応えることができるのだろうか?などなど不安材料はありましたが、長年の付き合いがあるからとご依頼くださったのでなんとしてでもやり遂げようとみんなで一丸となって取り組みました。

今回のプロジェクトは新聞にも取り上げていただいて、自分たちとしても意義のあるお仕事をさせていただいているのを改めて実感しました。こういった形で自分たちのお仕事の内容が世に知れ渡るのはとても嬉しいことですし、今後のお仕事へのモチベーションも上がりますね。

今回は障がい者芸術の分野のイベントや、展示もあるので、ぜひ障がいを持った方の手で作って欲しいとの思いもあり、それにもお答えすべく、精一杯やらせていただきました。

当たり前のことですが、初めてのことだからと逃げちゃいけない。どんな物でも、やってみなければわからない。仕事ですので一か八かではもちろんいけませんが、障がいがあるから、こんなことが苦手だからと自ら引き下がることはないと思います。むしろ前へ。失敗を恐れず前に進むことこそ、自分を強くし障がいや病気に打ち勝つ心を育てることに他なりません。仕事とは、障がいとは病気とは。そんなことを改めて考え直すチャンスをもらえた、今回のお仕事でした。

 / お知らせ / 

喜多川泰様よりご依頼いただきました!


こんにちはにゃんこうめです。みなさんは最近本を読んでいますか?私はある一時、本にはまり自慢じゃないですが年間200冊も読んでいました。あの時は本当とりつかれたように本を読んでました。それが今や年間一冊も読んでいない・・・図書館にはたまに行くのですがパラパラと本をめくるだけで・・・読まなくなったのは老眼になったのもありますが笑 今回喜多川先生のフライヤーの記事を書くためにHP見させていただいて、素晴らしい本との出会いは生き方そのものを大きく変えてくれるというという一文に、確かにそうだなと改めて過去を振り返りました。本から始まる人との出会い、新たな道。とにかく図書館へ行ってこれという一冊を探したくなりました。眼鏡も新調しなきゃですね笑

さて今回は毎年お仕事をさせていただいている、喜多川泰様より新たなフライヤーの製作のご依頼がありましたので、その紹介です!

毎年行われている講演会が今年も開催されます。6月の10日11日と二日間開催されますので皆様も是非参加されてはいかがでしょうか。喜多川さんは、この講演会を通じて人生を変えれるような素晴らしい出逢いがあなたに訪れることを心から願っていらして、これまで学んできたことを、それを必要とする人に伝えたい。その思いを胸に、全国で講演活動を行っていらっしゃいます。小説家としての活動もされていて「よくがんばりました。」という最新作も好評のようですね。

そういえば私も以前 般若心経を解説した本をよく読んでいました。その般若心経の中で私は心無罣礙(しんむけいげ)という言葉が好きです。意味は、心にこだわりを持たないということです。こだわらないとは、自分の心がつくり上げた執着にとらわれないことで、こだわりを捨てるから、穏やかになれるということを指しています。
なかなかそう簡単にその境地には行けませんが、そこを目指して生きていこうと日々送っています。

本との出会い。人との出会い。それが自分にとって、良いものでも、たとえ良くないものであっても、そこには何かしらの意味がある。だからどんな出会いも大切にしたいですね。

 

 / お知らせ / 

コマニー株式会社様からご注文いただきました!

こんにちは、ライライです。

今、クリエイターズの掲示板にどこかからのボランティア募集の張り紙がしてあり、ちょっぴり気になっています。
なかなかその張り紙をじっくり見る時間がとれないので、募集終了しているかもしれないのですが。

まだ療養していた頃、「働くのは無理でもボランティアはできないかな?」と考えていたことがあって。
その頃はネットで「金沢市 ボランティア」などと検索していました。
結局勇気が出なくてやらないまま終わったのですが、やってみたいことのひとつです。

さて、今回はタイトルの通り、コマニー株式会社様から2022年に引き続き再び能登ヒバチップのお仕事をいただけましたので、そのお礼の記事になります。
コマニー株式会社様、再度のご注文ありがとうございました!

コマニー株式会社様のご紹介

簡単にではありますが、コマニー株式会社様(以下コマニー様)のご紹介などを。
コマニーが捉える間づくりとは(外部リンク)

コマニー様は創業60周年の、「間仕切り(パーティション)」専業メーカー様です。
サステナブルな企業に与えられるCOC認証を取得されていらっしゃいます。

withコロナの時代、リモート会議が増えたことで、仕切ることはより重要な意味を持つようになりました。社内でリモート会議をする人も、その周囲で働く人も快適にいられるようなブースタイプの製品はとてもおしゃれで、抗菌にも気を遣って作られています。

製品に日本の伝統的な和の要素を取り入れたものも多いように見受けられました。

また、被災地支援や高齢者施設対応、ユニバーサルデザイントイレなど、幅広いジャンルに渡って製品を展開しつつ、その技術力・企画力が非常に高く、常に新しい情報にアンテナを巡らせている企業という印象です。

今回のデザインに関して

前回に引き続き、今回の能登ヒバチップのデザインもコマニー様の方でご用意いただいたものです。

間づくり研究所能登ヒバチップ 間づくり研究所能登ヒバチップ

「間づくり研究所」の文字、角がありつつも印象は柔らかくユーモアの感じられるデザインです。
中央に円弧と四角を組み合わせて折り曲げたような、不思議なロゴが4パターン。
こちら、モノクロとカラーのものがございます。

「comany」、ロゴ、「間づくり研究所」、この配置も上手く余白を活かしていて間を感じさせます。

改めてお礼申し上げます

コマニー様、この度は再度のご注文ありがとうございました!
クリエイターズ一同、心よりお礼申し上げます。

 / お知らせ, 採用情報 / 

お仲間募集!

こんにちは、ライライです。
今日のクリエイターズは人が多めです。

片方の大机には能登ヒバチップが積み上がり、もう片方のデスクでは新しい木の商品を作っていて、カナヅチの音が響いています。

窓際は主にレザー関連。(と、私もいます)

そんなクリエイターズですが、現在、一緒に働いてくれる仲間を募集しています!
この間ハローワークのサイトで求人を見かけたので、面接を担当するスタッフに「求める人物像」などを聞いてみました。

ほしい人材条件

  • 働いた先に目標がある

  • 買いたいものがあるのでお金がほしい
  • A型→一般就労したい

など。
この条件、初め面接担当は「やる気がある」と書いたのですが、皆さんやる気があって見学や応募にいらっしゃると思うので、さらに詳しく聞いてみたところ、こういう回答でした。

  • 週5出勤ができる

クリエイターズは祝日も出勤があります。
日曜日のみ定休で、あと1日好きな曜日を休みにできます。
日曜以外の休みは用事があるときなどは移動可能です。

  • 覇気がある

なるほど、と思った条件。
特に精神障がいの場合、まだ症状が落ち着いていないと、元気が感じられない表情になるかも。

  • (デザイン業務の場合、上記に加えて)イラレ、フォトショの操作が少しでもできる

私もデザイン業務で採用になったのですが、クリエイターズの他のデザイナーさん達はかなりレベルの高い方もいます。
デザインに限ったことではないかもしれませんけれど、好きじゃないと続かないところがあるかと思います。

  • 総じて、セルフケアが出来ている方

セルフケアとは?と、採用側の意見なので難しいかもしれません。
日々を過ごす中で落ち込むこともあるかと思いますが、そういったときに自分の管理ができることのようです。

  • 日常生活が安定していて、就業生活を送る余裕がある方

A型での就業を希望される方は、様々な困難をお持ちの方だと思うのですが、週5のお仕事をこなすとなると確かにある程度安定していないとと思います。

仕事内容

木のしおり、はがき、能登ヒバチップなど。メモ帳なんかもあったりします。
ヒノキやヒバのいい香りに包まれながらのお仕事。
細かい手作業があったり、結構体力も使うし、集中力が必要です。

  • デザイン

主に、木の商品や、クリエイターズに入ってくるデザイン仕事のレイアウトなどを、イラストレーター、フォトショップといったソフトを使用して行います。
Macを操作できると有利です。

リハスレザーというブランドの、主にオンラインストアで販売する商品を制作するお仕事。

  • 清掃

宿泊施設でお客様が帰った後の清掃業務など。
数人でチームを組んで行います。
他の業務と兼任している利用者もいます。

募集人数

  • 木   2名
  • デザイン 2名
  • 革    0
  • 清掃   2名

***

面接担当の意見を聞いてみて、なるほど、と思ったり、就職活動って難しいなーと思ったりしました。
私はこのスタッフが休みのときに面接だったから受かったのかもしれない…。

これから就職活動を始めようと思っていらっしゃる方の参考になったでしょうか。
クリエイターズで働きたい!となった方は、見学からお待ちしています。
詳しくはお電話にてお尋ねください。

それでは、今日も良い1日をお過ごしくださいませ。

1 / 1912345...10...最後 »