/ メディア / 

7月25日の北國新聞に掲載されました。

icatch0725

マスクの中が蒸れてヤバいこの頃。アッツイ!(ノ・∀・)ノ =====┻━┻))゚Д゚)・∵.
タオルとハッカ油で乗り切れるのか不安なクリエイターズのH(2号)です。夏怖い

さて、皆さん「フラワーロス」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。

”生花店で売れ残ったお花が廃棄されたり、搬送中に劣化して、お客様の手に渡る前に、花が廃棄されていることをフラワーロスと呼びます。
その割合は多いお店で30%~40%にもなると言われています。”
(カエルデザインオンラインショップの商品説明文より)

生花店さんのフラワーロスや、オフィスなどで生け替えられた花を頂き、花びらを丁寧にドライフラワーにした後に樹脂でコーティングしてアクセサリーにアップサイクルしたものを、
私たちは総称して「フラワーキャンディー」と呼んでいます。

そして、そのカエルデザイン with REHASのアップサイクルアクセサリーの新しいラインナップ、フラワーキャンディーを取材していただき、7月25日の北國新聞さんに掲載していただきました。

hokkoku_20200725

(2号)も実物を手にした事がありますが、お世辞抜きに可愛いんですよ、これが。色もそうですが、透明感が本当にキャンディみたいで(* ゚ー゚)

気になる方は是非、カエルデザインのオンラインショップでお気に入りのキャンディを見つけてみてはいかがでしょうか?

カエルデザインのオンラインショップはコチラ!