/ イベント /  ,

2017年7月1日(土)第2回農福連携マルシェ開催しました‼︎

IMG_4650

こんにちは!クリエイターズのHです。

先日、2017年7月1日(土)金沢市の近江町市場館ひろばにて、クリエイターズ主催の第2回農福連携マルシェが開催されました。

IMG_4657

当日の様子1

あいにくの土砂降りの天候の中、私たちの活動に賛同していただいた県内外の障がい者就労支援施設が集まって雨天決行されました。

近江町を訪れられた人たちはさすがに少なかったですが、それでも食べ物や飲み物、野菜などを扱ったブースではお客様が訪れて買い物を楽しまれていました。
特に、米粉ドーナツや野菜のスムージーなどがよく売れていました。

IMG_4653

当日の様子2

私たちの能登ヒバ商品も、今回は苦戦しながらも何人かのお客様にしおりや葉書などを購入していただきました。最近では「能登ヒバの香り」というサシェ(香り袋)が人気です。

のとのかおり

香り袋(サシェ)

みなさま本当にありがとうございました!感謝!感謝です。

参加事業所

  • 社会福祉法人つばさの会:ししバーガー&アイス
  • 就労支援米ライフ:米粉ドーナツ、野菜など
  • 一互一笑:塩フィナンシェ
  • ののシティ:焼き菓子、ドリンク、雑貨
  • 自然栽培patyチーム新潟:ハーブ商品や加工品
  • ハーブ農園ペザン:ハーブティーなど
  • 就労リハス:能登ヒバ商品など

次回開催予定

次回は2017年8月5日(土)10:00〜16:00、近江町市場館ひろばで開催します。
みなさまよろしくお願いします!

 

 / お知らせ / 

2017年7月7日(金)羽咋市の道の駅「のと千里浜」グランドオープン‼︎

logo

こんにちは!クリエイターズのHです。

今回は2017年7月7日(金)七夕の日に羽咋市の道の駅がいよいよオープンする話題をお伝えします。

石川県羽咋市は能登半島の入り口「能登ののど」に当たる場所で、2011年(平成23年)6月に羽咋市を含む能登の4市4町の里山里海が日本で初めて世界農業遺産に認定された恵の豊かな場所です。

農福連携で協力

石川県の能登里山海道(旧能登有料道路、現在は無料)、千里浜ICを降りてすぐにできる新しい道の駅「のと千里浜」がグランドオープンに向けて着々と準備が進められています。

そんな中、ハーブ農園ペザンのスタッフとしてリハスファームのメンバーも、道の駅のレストランのテラスでハーブの植え込み作業をしてきました。

農福連携を掲げるペザンと共に、ファームのメンバーもいい汗をかいてきました。

テラス記事

のと千里浜だよりvol4より抜粋

植えられたハーブのうちローズマリーは3〜4年で1m近くに成長するので、道の駅を訪れた人たちに癒しの香りを運んでくれるでしょうね。

今後の日程

  • 2017年7月2日(日)9〜19時プレオープン
  • 2017年7月7日(金)9〜19時グランドオープン
  • 2017年7月7日(金)〜9日(日)グランドオープニングイベント

お問い合わせ

羽咋まちづくり株式会社
TEL  0767-22-3891

道の駅「のと千里浜」http://noto-chirihama.com

 / イベント /  ,

金沢市の近江町いちば館にて【農福連携】のイベントを開催しました‼︎

名称未設定-1

こんにちは!クリエイターズのHです。

昨年4月よりリハスファームを立ち上げ、「農福連携」を展開するクリエイターズが中心となり、5月27(土)、28日(日)に金沢市の近江町いちば館において農作物の定期市を開催しました。

この定期市に県内外より6施設が参加し、各施設で育てた農作物の販路拡大を図るとともに、各施設の利用者のモチベーション向上を目的としたものです。

参加施設は(株)クリエイターズを含め石川県中能登町の障害者支援施設「つばさ」、津幡町の「米ライフ」、輪島市の「一互一笑」、新潟市の「cura」、そして障害者就労支援などを手がける金沢市の「ヴィスト」も販売ブースに加わりました。各々の販売ブースでは、ハーブティーやハーブの風味を生かした「イノシシバーガー」、山菜の「フキ」が出品されました。

クリエイターズは能登ヒバ商品(葉書、しおり、しーる)を販売しました。

IMG_2203

イベントの様子

今後は毎月のペースで近江町いちば館で開催していく予定です。
富山や福井からも参加を募っていきたいと思います。

次回は7月1日(土)に開催いたします!みなさま、ぜひ遊びに来てください。

お待ちしています!

新聞 のコピー

平成29年5月28日北國新聞(日曜日)付け朝刊

 

 

 / お知らせ / 

河北潟が農福連携の学びの場に‼︎

リハスファームロゴ画像

こんにちは!クリエイターズのHです。

先日、2017年4月20日(木)の北國新聞朝刊に、農福連携を学ぶために学生が研修で続々参加しているとの記事が掲載されました。

2017年4月19日リハスファーム

2017年4月20日(木)北國新聞朝刊

私たちクリエイターズは昨年4月よりリハスファームを立ち上げ、河北潟においてハーブ農園ペザンさんの協力の下、いち早く農福連携を実践している数少ない企業の一つです。

県内でも農福連携を取り入れる団体は限られている中、学生たちが一生懸命農福連携を学ぼうと研修に参加しています。

4月18日には、金沢大学の留学生が10人、河北潟を訪れ農福連携の話を一生懸命メモしていました。
さらに、4月17日にはスーパースイーツ調理専門学校の2年生7人がハーブの収穫を体験し、ハーブを使ったオムレツやリゾットなどの調理法を学びました。

来月には金沢市の円光寺にある専門学校アリス学園の介護福祉学科の学生20人が学びに訪れる予定です。

私たちの取り組みから多くのことを吸収して、将来の仕事に役立てて頂きたいと願っています。

みなさん、私たちの取り組みに注目していてください!
よろしくお願いします。

1 / 712345...最後 »